ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

結婚したら勝ち組なのか

生物学的に考えると、個の保存的な意味合いでは、結婚して子供を作れれば自分の遺伝子が後世に残ることになるので、勝ち組でしょうね。ただ、人間という種全体で考えると、誰かが子供産めば良いので別に、自分が子孫を残そうが残さまいがどっちでも良いわけです。多分ただ生きて死んでいくだけでも、少なからず世界に何らかの影響を与えているはずなので問題ないでしょう。もちろん雇用を創出するようなお仕事や、誰かを救うようなお仕事に付いていれば、立派と言えるでしょう。が、一見マイナスに見えるような行為も長い目で見れば必要だったと捉えらえる場合もあるし、一見プラスに見えることもマイナスに働く場合があるので、絶滅しない限り、その行為に勝ち負け要素は付いてこないでしょう。

では勝ち組/負け組とは何の勝負をしているのか

ここの定義が曖昧だから喧嘩になるんですよ。結局個の遺伝子の話なんですよ。自分の遺伝子を後世に残せない時点で、生物学的な同種内の争いにおいては負けなんです。結婚して子供がいて、勝ちを宣言したい人ははっきりこの点を伝えましょう。孫もそうです。個で考えると、子供ができなかった段階で、絶滅ですから。「私の遺伝子は次世代に受け継がれたから勝ち組だ!」って叫べばいいんです。

だからそれ以外の勝負においては勝ち負けなんてない

幸福度的な目に見えない数値で勝負しようとすると、結婚しても不幸な人はいるし、独身でも幸せな人がいる。あくまでここは個人の主観であるがために、ここで勝ち負けを決めるのはナンセンスだ。だからどっちでも良い。そして生き方に優劣はない。あくまで自分自身がどう感じるかでしかない。だからどうしても比べたいなら過去の自分自身と比べると良い。結婚する前より、結婚した後の方が私は幸せである。子供が出来る前より子供が出来たあとの方が私は幸せである。離婚して私は幸せになった。昨日より今日の方が幸せである。これは主観的な比較なので間違いない。だがこれを他人に強要してしまうとややこしくなるし無意味である。

親の思いと子の思い

今この記事を読んでる人は生死は問わず100%親がいる。もし親が、自分の遺伝子を後世に残すことを望んでいるなら、子には当然結婚して欲しい。特に死期が迫ると本能的にそういう気持ちになるのではないだろうか。ただ人間は知能が高いので、種や個の保存を最優先に考える必要がない。これを最優先で考えるべきかそうでないかはまた別の話になるが、その親の本能にも近い気持ちを無下にして良いのかと思う場合も多いだろう。子はあらゆる要素が入り混じった結果、自分が幸せだと思う形を取れば良い。極論自分が幸せだと思えれば良いのだ。周りから結婚を急かされるのが不快であるならば、もしかしたら、結婚することが自分の幸福度をあげることになるかもしれない。私はこう決めたからこう生きるではなく、自分の心とよく対話して自分が幸せになるであろう選択をして行けばいいのである。頑固にならず柔軟になるべきだ。そうすれば選択肢は限りなく広がり、幸せになる可能性が増える。絶対結婚しないと心に決めた人も、結婚を選択肢に含めよう。絶対結婚すると決めた人も、しないことを選択肢に含めよう。なんなら結婚しないで子を作ることを選択しても良い。そうすることでより幸せになる可能性が増える。あくまで、幸せをを追求することが目的で、自分の遺伝子の存続を考えないのであればの話だが。

保冷剤の代わりになるアイス

夏です。暑いです。やばいです。というわけで、ベビーカーでお散歩にいくときは背中にジェルタイプの保冷剤を3つ入れてます。ひんやり涼しいですね。ちなみにうちはこれを使ってます。

頭の方に1個と、背中の方に2個入れてます。
で、この前、途中で保冷剤がぬるくなってしまい、どこかに保冷剤がないか探したんですが、コンビニとか、スーパーとかにキンキンに冷えた保冷剤って売ってないんですね。冷えてないのなら置いてありましたが。袋に氷を詰めるかとか思ったんですが、それだと溶けて漏れたらビショビショになってしまうなぁーと思ってどうしようかなぁと思った矢先、ちょうどいいものを見つけてしまったんです。それがこちら。

f:id:app_2:20190804104055p:plain

BIGクーリッシュ フローズンサイダー!!

f:id:app_2:20190804101844p:plain

サイズ感がちょうど良かったです。入れるとこんな感じ。頭に1個と背中に2個入れました。背中の方はキャップを下にして縦向き横一列で入れるのがポイントです。保冷剤ほど長持ちはしませんが、ちゃんと冷えるし、中身も溢れる心配もありませんし。タイミングによってはちょうど食べごろだったりします。味もスッキリ爽やかで美味しいです。

余談ですが、今話題の天気の子ともコラボしてます。この味じゃないけど。

爽やかでいいですね。僕は新海誠の作品は、はじめに「言の葉の庭」を見て以来嫌悪感を示して、全部見てないです。

ジブリ最高!

愛のアップデート

昔は可愛かったとか、昔はもっと優しかったとか、昔はもっと幸せだったとか。アホか。飲食店などで昔から変わらない美味しさって言うのは、最初に食べた感動やらが継続しなければならない。当然毎日本当に味が変わらなければ、慣れてしまい、美味しく感じなくなってしまう。だから日々改良しなければならない。改良した結果消費者が「変わらなくいつも美味しい」と感じられるのだ。前回食べた時より美味しくなっているわけだ。そしてこれは愛にも当てはまる。

10代の愛と20代の愛は違う

これは言われればわかると思います。10代の頃は脳みそスパークやっほう!状態の恋愛になってるパターンが多いので、その頃とある程度脳の機能が完成した20代とでは愛の質が全然違います。ただどちらもベースに性欲が絡んでいる部分が多いでしょう。だから一気に燃え上がり、一気に冷めてしまうパターンが多い。でもそうやって学習しているのです。その過程で結婚する人もいるでしょう。

30代、40代、50代、60代、そしてその先

ピークがすぎ、この頃の年代から性欲が衰えてきます。そしてお互い老けて行きます。性欲も減退し老けていく。じゃぁ10代20代の時のような愛し方が出来るかと言ったら、厳しくなっているはず。ならば、愛し方をアップデートしなければならない。別の形で、より深く愛を育まなければならない。じゃないと破綻してしまう。どういう形で愛していくかは夫婦それぞれだが、秘伝のタレのように継ぎ足し継ぎ足し育てていくしかない。過去の愛はもう通用しないのだ。この日々のアップデートを怠ってしまうと、昔は可愛かったとか、昔はもっと優しかったとか、昔はもっと幸せだったとか思うようになってしまう。昔とは状況がまったく違うのだよ。夫が子育てに積極的に参加するのも妻に対すひとつの愛だし、新しい愛だ。昔はしなかった家事を手伝ってあげるのもひとつ愛だし、新しい愛だ。妻が夫の健康に気を使って、昔ほど脂っこいものを出さなくなったのもひとつ愛だし、新しい愛だ。昔より一緒に買い物する時間が増えたのもひとつの愛だし、新しい愛だ。模索しよう。アップデートしよう。プライドを捨てよう。昔の形式に囚われるな。新しい形に挑戦しよう。自然と沸き起こる感情を大事にしよう。しなやかになろう。昨日と今日はまったく違う日なのだ。変わることを恐れずに挑戦してみよう。夫婦の契りを交わしたならば、お互いそれを理解し、お互い挑戦し合おう。初心忘れるべからずというのは、常に新しいことに新しい気持ちで挑戦しろという意味も含まれているはずだ。30代の愛と、40代の愛は違う。40代の愛と、50代の愛も違う。50代の愛と、60代の愛も違う。レベルが違う。深みが違う。そうあるべきなんだ。

仕事に感情はいらない

なぜかって、うつ病になるから。特に人と関わる接客業とかだと特にそう。学校の先生がモンペの対応に追われて、病んでしまうなんてよくある。上司にひどく叱責されて病んでしまうなんてこともよくある。もちろん、喜怒哀楽なく生徒に接して行こうとかそういうことではない。あくまで、言われたことに対して、深く落ち込んだり、激しく怒ったりする必要はないということだ。相手が怒鳴り散らしてるのを俯瞰的に見れるように訓練しよう。激しく怒って良くなること、激しく怒られてよくなることは何もない。その先に必要とされてるアクションを論理的に先読み出来るように訓練しよう。ミスは必ず起こる。どうカバーするかが問題であって、ミスは問題ではない。ミスをしないようにするのはもちろん大事だが、本当に大事なのは異常系のときにいかにカバー能力が発揮出来るようにするかなのだ。だからミスは成長のポイントだ。正しく対処していくことが出来れば、ミスを繰り返せば繰り返すほど強固なシステムが出来ていくし、さらに臨機応変さも増していく。だからその過程で怒られることや悲しむことは問題ではない。理不尽な要求についても、どう対処するのが最善か考えられる成長ポイントなのである。感情はいらない。淡々と策を試していくだけだ。謝る時も、怒鳴られている時も何も思う必要はないのだ。不要な感情を捨て、スマートさを持とう。対策することに楽しみを見出そう。成長することに喜びを感じよう。何かを考え創造することほど楽しいことはないのだから。

正義感なんか持たなくて良い

正義感を持つことは正しい。確かに正しい。誰しも多少は持っている。ただそれで行動を起こさない奴はダメだとかそういうことはない。歩きタバコをしている人がいても注意しなくて良いし、列に割り込んでくる奴がいても注意しなくて良い。なぜならルールやマナーを破る奴は基本的に頭がおかしい。なので、そういう人と会話する時点で、多大なるリスクを被る可能性がある。「愚かな人にはただ頭を下げよ」である。逆恨みで何をされるか分からない。クマを退治出来るのはクマを退治出来る人なのだ。なので、その正義感は専門家に連絡する方に使おう。スタッフに連絡するとか、警察に通報するとか。そして何より大事なのは、

逃げること、離れること

ちょっとでも異変に気づいたらまず目を合わせないこと。そして離れること。逃げること。これが一番大事である。意外と隣にあとから変な人がきた場合って移動するの結構勇気がいるのですが、なんかケータイで電話するフリでもすると容易に離れられます。とにかく離れましょう。あとは放置で構いません。泳げない人が溺れないようにするには、水に入らないことが大切なんです。正義感なんて一旦忘れてしまって良い。

倒れている人がいた場合

これはすごく難しくて、例えばやばい感染症だったりしたらむやみに近付くのは危険ですよね。やはり、専門機関に連絡するのが良いです。もちろん勇気をもって介抱してあげることは大事ですが、最悪のケース共倒れになることや、逆に訴えられるようなことを想定して行かなければなりません。もちろんそれは立派で賞賛される行為です。ですが、何もしないは、非難される行為ではありません。保護責任者遺棄罪なんてのもありますが、通行人の多い道なら無視しても問題ないでしょう。知らんけど。ただ周りに誰もいなかったり、明らかにやばそうな場合は少なくとも救急車や警察を呼びましょう。何が言いたいかって言うと、本当に体調が悪い人と、頭のやばい奴が擬態しているのって区別がつかなくないですか?ってこと。身なりである程度判断出来るだろうが。。。

一つの解決案

「そんな非情な!」とか「全国民がそんな風になったら助かる命も助からなくなるぞ!」と思われるかもしれませんね。なので、こういうことにしましょう。「向こうが暴れて取っ組み合いになっても勝つor逃げ切る自信がある場合のみ、注意、声がけ、介抱しても良い。」でどうでしょうか。つまりゴリゴリの刺青の入ってるマッチョメンが道端に倒れていたら僕は全力で無視するってことです。だって怖いもん。

神棚効果

一応フリーランスで自営業的な立ち位置なので、神棚が家にあります。もう置いてから5〜6年くらい経つと思います。いや別にサラリーマンでも良いですよ。で、神棚を置くことで得られるメリット的なものが日々感じられるので、それについてまとめてみたいと思います。ちなみに僕は神様がいるとか、そういうことはあまり考えてないです。いたら楽しいなぁとは思ってます。

住んでる地域担当の神様がいる

フリーになったくらいに「そうだ!神棚を設置しよう!宝くじ当たるかも知れんし!」と思って設置したのが最初のきっかけ。で、いったい何をお祀りすればいいのかということになって、ネットで調べてみると「氏神(うじがみ)」様と呼ばれる住んでいる地域担当の神様と神社があるらしい。というわけで、東京都神社庁で電話で聞いてみて、場所を確認し、そこでお札をもらって来たのが最初です。神棚は浅草に行ってそこそこかっちょいいのを買ってきました。3万円くらいしたと思いますが、宝くじで3億円当たる予定だったので、安い経費です。

そして宝くじを買うと。。。

ぜんぜん当たりましぇーん!!!!!

神棚を置くメリット1 気が引き締まる

朝、水とお米とお塩を毎日替えています。別に毎日じゃなくてもいいんですが、最初毎日替え始めちゃったので、それ以来旅行で家を開けるとき以外は毎日替えてます。で、毎朝「次こそ宝くじが当たりますように!!ぐへへへへ!!!」と心の中でお詣りするわけですが、やっぱり寝巻きのままじゃ効果が薄いと思うのでちゃんと着替えるし、部屋も汚いと効果が薄い気がするので、部屋を綺麗にします。そのため毎日朝にビシッと気が引き締まります。そうです。宝くじは当たりませんが、この時点で大いなるメリットを得られているわけですねぇ。

神棚を置くメリット2 家族が仲良くなる

毎朝僕がやるわけで、そうすると妻も一緒にやるわけで、さらに真似して子供も毎朝手をパンパン叩いてます。一緒に行動することで、なんだかとっても仲良しな感じがして、実際仲良くなれます。まぁ喧嘩なんかほとんどしないんですが、喧嘩した後でもこれがあるので、気持ちが穏やかになります。また毎月1日と15日は、神社の方にも足を運んで、お詣りするので一緒にお散歩も出来ます。こういうルーティンを作って仕舞えば、かなり楽です。あまり関係ないですが、中学とか高校って体育祭とか文化祭とかあって、強制的にグループワークするじゃないですか。そうすると友達が出来るんですよね。それと同じ感じです。なので、大学みたいに催し物がないと、孤立しやすくなってしまうんです。そう。僕のように。

神棚を置くメリット3 鋭さが増す

これは個人差があるかと思いますが僕の場合はそうです。元から神社仏閣巡りが大好きなんですが、そういうとこをお詣りするにしたがって、感覚的な鋭さが増します。なんというか謙虚さと自分に対して批判的な目線、感受性が養える気がします。これはやってみた人じゃないと分からないと思います。ちょっとしたことでイライラしなくなったり、心の穏やかさとしなやかさを得ることが出来ると思います。お賽銭で年間1万円以上は使います。

神棚を置くメリット4 運気が良くなる

というよりは、上のような精神的な影響のせいで、「幸せのハードル」が下がりまくるっていうのが正しい見解かも知れません。些細なことで、幸せを感じやすくなります。なので「ほんまは神様いるんじゃないのか?」と思うこともしばしば芝公園。

なんか最近良いことないな〜とか、
ちょっとシャキッとしたいな〜って方は神棚を置いてみると良いかもしれません。

良い夢みろよ!!!

if文とかの条件式の順番について

当たり前なことだと思ってたんですが、最近他の人のコードを読むことがあり、あれ?と思ったので、ご紹介します。

例えば、ユーザーの性別を判定して処理を変えたい場合、gender=1が男性、gender=2が女性、gender=0が不明だとしましょう。あなたはどういう順番で書きますか。

環境による

例えば、コスメアプリなんかを運営しているとしたら、圧倒的に女性ユーザーが多いですよね。次は、まぁアプリに寄るんですが、男性が多くて、最後に不明が多いとしましょう。そうしたら順番的には、

if gender == 2 {

} else if gender == 1 {

} else if gender == 0 {

}

という順番にすべきです。
これがカーシェアアプリとかだったら、男性が多いので、

if gender == 1 {

} else if gender == 2 {

} else if gender == 0 {

}

とした方が、高い割合で後ろの評価式をスルー出来るのでエコになる可能性が高いはずです。(コンパイル後どういう処理が走るかは知らん!)色々な要素が絡む場合も同じで、なるべくメジャーな方が先に来るように条件式を書くようにしています。もちろん可読性を優先させることはありますが。

みなさんどうですか?