ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

手に職が良いよね

僕はプログラマーでフリーランスだから、手に職な感じなわけで、技術力を積められればキャリアを積む必要もない(と僕は思っている)のですごくフットワークが軽くなります。しばらく休んでから再開してもまぁまぁ普通のの給与はすぐにもらえるはずです。最終的な目標は技術力の向上であり、それに伴い自分で世に出したアプリの売りあげだけで生活が出来るようになれば、さらにフットワークが軽くなるのでハッピーランランなわけです。

フットワークが軽くなれば心の負担も減る?

臨機応変に対応出来るってことです。例えば働く時間を自由に変更出来るので、保育園の送り迎えが出来るようになるとか、病気や怪我の時、さっと休みを取ることも出来るわけです。会社勤めだと、上司のご機嫌を伺ったり、同僚に気を使ったりしちゃいますからね。もちろん社員がスッと有給を申請出来るような社風を作ることも会社の義務かと思いますが、なかなか上手く行ってない会社が多いようですし。

とまぁ書いたけど

フットワークが軽くなるのはフリーランスの場合の話です。でも実際は会社員の方が総じて楽だと思ってます。風邪を引いて寝込んでも誰かが代わりに仕事してくれるし、給料も出ます。これがフリーの場合は、休んだら休んだ分だけ給料が減りますし、誰かが代わりをしてくれることもありません。もちろん小さな会社みたいに組織を作ればそれをカバー出来るでしょうが、今度は給与を払わないといけないプレッシャーがかかるでしょう。

でも手に職が良いよね

ただ自分で0からがんばれば稼げるっていう状態はすごく安心感あると思うんですよ。なんていうか芯の部分っていうか。最悪の自体にも対応出来そうな感じ。だから手に職つける、そしてなおかつ潰れなさそうな大手に就職してしまうのが一番安定する形だと思っています。プログラマーならグーグルとかに就職決まっちゃえば正直あんまり働かなくても高水準の給与がもらえるでしょう。(そういうモチベーションの奴が受かるかどうかは別として。)医師とか弁護士とかの資格系も良いですが、これは資格取るのも大変ですし、そのあとさらに技術力を磨かねばならないので、割とコスパが悪いなぁって思ってます。素晴らしい職業ですし、社会的地位もありますが。

間に人を挟まないプログラマーとかブロガーが最強

アプリを自分でリリースしたり、ブログを書いたりして、広告収入とかサブスクリプションで稼げれば極端な話「一言も誰とも会話しないで」生活が出来るわけです。イラストレーターも作品をネット上で販売出来ますが、やっぱり人と会話しなければならないのでコストです。だから、現状個人で稼ぐならばアプリとかブログとか、アフィリエイトとかが一番ローコストで行けると思っています。「いや別に引きこもりたくないし」っていう話ではなく、初動が早いってことなんですよ。参入障壁がめちゃくちゃ低いって話です。ブログなんて1分もあれば始められますし、アプリだってプログラミングの勉強さえちょっとすれば簡単なものならすぐにリリース出来ます。それで収益の受け口が簡単に用意出来るという意味で最強なんですよ。これがお店を開くとかだと、人を雇ったり、場所を確保したりいなければならないですし、医者になりたかったらまず資格を取らなければなりません。もちろん参入障壁の低い分、ライバルの母数が圧倒的に多く、参加してもすぐには売れませんし、大半継続しません。でも自分1人で最初の1円を得るまでの速度はこの辺が最速なんですよね。

稼ぐという感覚を参入障壁の低いもので学ぶ

プログラミングって必須科目になると思うんですけど、これってすごいことなんですよ。今まではいくら算数とか社会を学んでも直接は収益化には繋がらなかったんですよ。ただプログラミングを学べば、センスの良い人なら小学生でもホームページを開いて収益を得ることが出来ます。必須科目でですよ。自分の能力で、自分の作ったもので、お金を得るって感覚を学生時代に体験できるようになるわけです。もちろん長い目で見れば、勉強して国家資格をとって就職して稼いだ方が効率的だとかあるかも知れませんが、とにかく自力で稼ぐっていう感覚を小学生で簡単に学べる時代になって来てるわけです。だから今若い世代ほどそういう感覚が優れてて、今後日本からももっと色々すごいビジネスが誕生するんじゃないかなぁって思うわけですよ。ゼロベースからスタートして、利益を得るまでをものすごい速さで体験できるわけです。羨ましい時代です。

来客前にしておくこと

友達とかお客さんが来る前にどれくらい家の準備をしておくのかって話です。個人差とか来る友達とかにもよるでしょうけど、僕が最低限行うことを言います。

まず掃除

すればするほど良いです。マンションなんですが、時間があればエレベーターホールまで勝手に掃除します(笑)。マンション入ってなんかゴミだらけだったりしたら嫌ですもんね。あとは部屋を綺麗にします。洗濯物とかは見えないように別室に移動させます。あとはお花をちょこっと飾るのが好きなので、終わり気味だったら新しいのに替えておきます。

トイレは

もちろん掃除しますが、トイレットペーパーは残りが少なければ、新しいものに替えます。使い切っちゃたらなんか気まずいですもんね。で、新品のは三角折りはせずに、糊付けされてる最初の部分ははがしておきます。三角折りは無駄なプレッシャーですし、ノリを剥がしておけばさらに気遣わずにすみますからね。あとはタオル類は一度でも使用していれば新しいものに変更します。

あと換気

あとは換気です。生活臭とか料理の匂いとかあるかもなんでね。とりあえず窓を前回にします。夏場は窓を前回にしつつ冷房とか入れると、早めに空気が入れ替わる気がするのでよくやります。場合によっては、冷房をいれたまま窓をあける場合もあります。温度差で爽やかな風が入る場合とかです。

だいたいこんな感じです。

子供がぐずった時にパパがする対処方法 1歳半編

1歳半の女の子がいます。当然時々ぐずります。そんな時の僕(パパ)の対処方法を教えましょう。

まず尋常じゃなく眠い時

えーこれが一番厄介です。僕は対処出来ません(笑)。いい感じの角度で抱っこして、しばらくすれば寝てくれますが、僕の対処というよりは彼女が疲れて自分で寝てくれた感じです。お家でママがいれば抱っこか、添い寝してあげるとかなり落ち着きます。ママがいればママにまかせましょう!笑。眠すぎて眠れなくなる前に寝れる環境を用意してあげることが大事です。だいたい何時間くらい遊んだら動きが鈍くなるかとか、目をこするなどの眠いシグナルを見逃さずに行動出来るようにしましょう。

遊びを中断/阻止したとき

基本的に「なぜ中断/阻止しなければならないのか」ということを考えます。そしてそれが「大人が我慢すれば回避出来るんじゃないか」という場合は続行させます。

例えば買い物の予定がある場合に「子供が寝た後に買いに行けばいいんじゃないか?」という行動が取れそうなら遊びを続行させます。

例えば着替えがない状態で水遊びがしたくなった場合に「僕が着替えを持ってくるとか、近くのお店で着替えを買えばいいんじゃないか」的な行動が取れそうなら実行させる。

これらが大前提です。で、もう日が沈みそうとか、止むを得ない事情で中断しなければならない場合は、

1. 代替案の提出

まずは別の楽しそうな遊びを提出して移動させることを目論見ます。公園で遊んでいる時に、お絵かき帳を見せて、公園から移動させるとかそういう感じですね。もしくは飲み物を渡して、そちらに興味を移すとかです。子供が一番ストレスを感じなくて良いと思います。

2. 説得する

で、代替案が通らない、もしくは提出出来ない場合は説得します。例えばまだ遊びたいのに公園から帰ろうとするとギャン泣きすると思いますが、そこでぎゅーっと抱きしめて「コレコレこういう用事があるからすまんけど移動させてください」とか「パパももっと遊びたいけど用事があるからダメなんだ」とか「もっと遊びたかったよね。パパも遊びたかった。用事終わったらまた遊ぼうね。」的なことを落ち着くまで言います。今のところ100%で10分以内には説得に応じてくれます。泣いているのに無理やり連れて行ってしまうと、もう2段階くらいギャン泣きしてぐずるので先に説得するほうが効率的です。

まとめ

以上まとめますと、

  • 眠すぎて眠れなくなる前に子供の動きを見て事前対策をする
  • 眠すぎて眠れない子供を落ち着かせるのは難しい
  • 遊びを中断/阻止する場合は本当に必要な中断/阻止か考える
  • 止むを得ず中断/阻止する場合は、①代替案を提出し、それが通らなかった場合は②ハグをしながら説得を試みる

という感じです。だいたいこの行動で日々対処出来ていますので、普段困ってるパパさんは参考にしてくださいませ。がんばれぇ!

大人は子供好きであるべき

komachi.yomiuri.co.jp

ゲームばかりで全然子育てに積極的じゃない夫の話。基本的に子供が生まれたら「いかに子供が快適に過ごせるか」を基準にして行動を取るようになるはずなので、まったく理解出来ない話であるが、世の中には子供に対してまったくと言って良いほど無関心&無責任な夫が存在するらしい(僕はまだ出会ったことはない)。

お世話は仕方ないにせよ、愛情は注げよ

もちろん向き不向きがあるから、結局夫がお世話した方が二度手間になって非効率だからお世話しない方が良い場合があることは事実だ。ただその場合だからと言って、無関心ではいけなくて、世話をしている妻のことを気に掛けることによって、関節的に愛情を注ぐことも出来る訳だ。妻が授乳中に洗濯をするとか掃除をするとか。仕事が激務で、体力的に無理な場合もあるだろうけどその時は一言妻や子供に声をかけるだけでも十分なはずである。それすら出来ない人は、父親失格というよりは夫失格だろうと思ってしまう。

結婚前に適正って分からないのかなぁ

話を聞くと、なんでこんな人と結婚するんだろうっていうパターンが多々あるんですよね。ちゃんと恋愛していく中で彼氏が彼女にどう接するかとか、普段の子供への接し方などでかなり理解出来ると思うんですが。やっぱり付き合いの深度が足りないとか、勢いで結婚してしまったとかそういう場合が多いんじゃないですかねぇ。結婚を視野に入れた同棲って合理的な気がするんでやってみてもいいんじゃないですかね。

子供が欲しいならそこも視野に入れよう

もし結婚して子供が欲しいなら、相手が父親として相応しい行動が取れるのかっていうのもしっかり見定めた方が良いと思います。2人なら楽しいけど、子供が1人増えたら性格が変わったように冷めてしまう男もいますから。なんで存在してるか分かりませんが、そういうタイプは確かにいます。独占欲が強いんですかね?恋人が母親になって、子供に取られるのが嫌とかそんな気質な気がします。

とにかく大人は子供を好きであれ!

これは個人差とかじゃなくて、そうあるべきだって話です。嫌いで得することってなんかありますか?笑。本能的に嫌いになってしまうかもですが、理性的に考えて好きな方が世の中全体的に良くなりますよ。子供もいっぱい生まれて良いことずくめじゃないですか。その方が省エネそうですし、お互いイライラしなくて済むのでWin-Winですよ。もちろん損得勘定で動いている訳ではなく、愛情から動くべきですが、愛が芽生えない父親は頭を使って考えればお世話した方が良いって気づくはずです。上の例で言えば、子供のお世話を手伝えば、子供は早く寝るし、母親の機嫌は良いし、自分が妻の文句を聞かずに快適にゲームも出来るようになるじゃないですか。一体なぜそんな非効率な行動に出てるか理解に苦しみますが(妻に構って欲しい?)、どんな時も感情的にならずに理性を持って行動することが大切だと思えました。

人を家に呼ぶと運気が良くなる

子供が生まれてドタバタしててあんまり部屋の状態が良くなかったんで気づいたんですが「人を家に呼ぶと運気が上がる」ってことです。子供が出来る前は友達とか、しょっちゅう(と言っても月に1回くらい)呼んでプチホームパーティしてたんですが、最近それがなくてなって部屋が荒れる一方だったんですよね。部屋が荒れるから人が来なくなるのか、人が来なくなるから部屋が荒れるのかってのはどちらかというと部屋が荒れるからが大きいと思っています。

部屋を綺麗にしよう

一部のクローゼットがブラックホール化(なんでもそこに詰め込んでしまう状態)してしまっていたので、そこを夜中に5時間くらいかけて綺麗にしました。するとなんということでしょう。とってもいい空気が流れます。僕は割と風水が好きなので、ある程度気の流れのようなものを意識してるんですけど、やっぱり悪い気)が溜まっていると場所(ものが無造作に詰め込まれている場所)があるとそこからじわじわと悪い気が出て部屋全体が荒れてしまうんだなぁと改めて思いました。その結果、あまり友達を呼ばなくなってしまい「最近家が輝いてないなぁ」って思うようになりました。

人を呼ぼう

というわけでこのブラックホールを清掃したことによりなんだかやる気に溢れ、そうだ寝室をさらにバージョンアップしようという考えになり、妻と2人で夜な夜なレイアウトを考えたりしました。(これがめちゃくちゃ楽しい。)で、さらに最近友達を呼んでないから来週友達を呼ぼう!ってなりました。まぁみんなでご飯食べながらボードゲームするだけなんですけどね笑。で、人を呼ぼうと思うとさらに掃除に磨きがかかります。ますます家がキラキラしていきます。最高の流れ。

部屋が綺麗だと疲れにくくなる

外出して家に帰って部屋が荒れてるとやっぱり精神的に疲れます。そして精神的な疲れは肉体的な疲れとも結びついていると思います。汚い部屋で寝るより、綺麗な部屋で寝た方が睡眠の質が良いでしょう。不快な部屋より快適な部屋で過ごした方が夫婦の関係もうまく行くでしょう。という訳で、部屋は綺麗に越したことないんです。そのきっかけとして、無理矢理にでも定期的に誰かを招待してホームパーティを企画すると、人が来るからと部屋を掃除します。みんなの近況も聞けて楽しいですからね。あ、ホームパーティって言っても、僕の家は狭いですし、max8人くらいでご飯を食べながらボードゲームするだけですよ(笑)。それでもパーティはパーティですから。お客様がより快適になるように導線を考えて組みます。結局それが普段生活する僕らにも効いて来るんですよね。

ちなみにボードゲームはカタンをやります

カタン スタンダード版

カタン スタンダード版

拡張パックとか買ったんですが、いまだにスタンダード版しか出来ていない。まだまだスタンダート版で楽しめます。人数拡張で4〜6人まで一緒にプレイ可能。最高。

こっちは必死だけど向こうも必死だよって話

求人の応募かなと思って面接したら求人の営業された!ってパターンをちらちら見て、もちろん求人サイトの規約違反なんだけど、それで「貴重な時間を無題にしやがって!」って怒りたくなる気持ちも分かります。が、こっちも採用で必死なように、向こうも生きるために契約を取らなくちゃならないから向こうも必死なんですよね。必死vs必死な訳で、向こうも相手が怒るかも知れないって当然思っているし、契約率は低いだろうけどそれでも尚行かなければならない訳なんです。事前にオンラインでやりとりすれば良いと思っても、電話も出なければ、メールも読んでくれないから、求人に応募して営業をかけるみたいな事案が発生するんですよね。

ノルマが原因

当然相手が怒るようなことをすれば、今後一生お付き合いをしてくれないみたいな感じになってしまう可能性も高いので、なんて効率の悪い営業の仕方だろうなぁっと僕は思う訳ですが、これもノルマが課せられいてるからなんですよね。会社には売り上げの目標があり、それを達成するために営業にノルマが生まれる訳です。ここら辺がパワハラに繋がったり、自爆営業なんてのも生まれる訳です。

www.huffingtonpost.jp

ノルマをなくして歩合制にしよう

という訳でノルマをなくせば良いのかって話なんですが、そうすると腐敗してる組織だとたちまち売り上げが落ちてダメになりそうなんで、前年度に成績に応じて今年度の給与が決まる制度とか、成約件数に応じて報酬を与えるとかそういう制度が必要になってくると思う訳です。で、あれこれって結局

フリーランスと同じじゃん

ってなる訳です。がんばった分だけ給与がもらえるみたいな仕組みです。社員になった場合極端に言えば「何もしなくても」最低限の給与がもらえます。社会保険も半分払わないといけないので、企業にとってはリスキーですよね。だから、今後もフリーランスは即戦力ですし、足手まといになれば早急に契約を切れるので、今後も採択されケースが増えそうです。あれ?会社が正社員を雇うメリットってなんだ?

絶対おごっちゃう系男子の心理

割と最近は減って来てる気がしますが、絶対女性に対しておごっちゃう男子っていますよね。そうです。僕です。自慢じゃないですが、妻には学生時代付き合っていた頃から今までで1円たりとも出させたことがありません。100%僕が払っています。結婚してからはかかる全ての費用、例えば携帯電話代なんかも全部僕の方で払うようになりました。で、なんでそういう心理になるのかって言うを改めて考えてみたんですよね。

一緒に過ごしてくれただけでまじ圧倒的に感謝

デートでも食事でも、基本的に「僕のために相手が時間を消費してくれている」っていう発想になるんですよね。だからその対価として「ここは僕が払うよ。」ってなるんですよ。だからたまに家でプチパーティする時なんかも「みんな貴重な時間を使って僕の家で過ごしてくれた」ってなるんで、対価として全額払うわけです。だから僕の中で、もう売買が成立しているんですよね。

時間が一番貴重な資源

この歳(どの歳?)になるとやっぱり「時間」って言うものが一番貴重だなぁって分かりますし、常日頃からコストや利益に対して時間で割って、パフォーマンスなんかを計算しちゃうわけですよ。同時にコストや利益に対してお金で割って出すパフォーマンスも常日頃考えちゃうわけです。だから時間とお金は割とトレードしやすく、時は金なり的な言葉も生まれてくるのです。だから、時間を使ってくれた恋人や友人に対して、お金を払う(奢る)って行動に繋がるんだと思いました。

じゃぁ相手は?

この理屈を相手も持っていれば当然「いえいえここは私が」みたいな感じなっちゃいますよね。その場合は「今度誘っておごってください」みたいな返しが多いと思います。同等の考えの場合、呼んだ方が払うって感じですね。まぁそれでも折れない場合は、僕が折れますが、毎回どちらかがビシッとおごってくれた方が気分が良いので、先に僕が言ったら引いて欲しいですね。素直にありがとうでええやんか。

お互い気持ちの良い流れ

「奢るよ」

「わーいうれしい!」

とか

「奢るよ」

「ありがとうございます〜。次は私の方からお誘いします(おごります)ね。」

的な感じ。なんか財布を取り出すフリとかもめんどくさいのでやめて欲しい。