ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

出来るプログラマーが実践している3つのこと

僕がどうかは置いといて、僕の周りにいる出来るエンジニアが実践している共通点を3つあげたいと思います。

実践していること1 ゼロベースでサービスを何個も立ち上げている

WebだったりiPhoneアプリだったり、学生時代からいくつものサービスを立ち上げています。中にはそれが軌道にのってそのまま起業するという方もいます(実際あんまりいない)。社会人になっても、週5で働きながら、自分のサービスを淡々と開発しています。すごいです。もしくは週末、遊ぶ友達いないんですかね?ちなみに僕も友達がいませんが、淡々と開発出来ていません。ふぁっく!

実践していること2 ブログをまぁまぁ書いてる

まぁ1つ目と若干被ってるんですが、技術的に苦労したこととか、Tipsをブログで公開してたりします。おそらく根底に「みんなに同じ苦労をさせたくない」ってのがあると思うんですよね。僕もよくググっても出ないことや、時間がかかったことなんかは記事にしてます。業界全体のレベルアップを考えている感じですね。
あ、見出しに「まぁまぁ」って入れましたが、自身のブランディングのためにブログを書きまくっていて、そっちが本業みたいになってる人がいるんですよね。そういう人ってゲリラ戦だとあんまり役に立たなかったりする場合が多いんで「まぁまぁ」書いてるというのがポイントです。あくまで、道草程度のブログのパターンが多いです。だって開発してるの方が楽しいし。なので中にはまったく書いてないし、Twitterとかそういうのも、まったくやってない人もいます。書けや!

実践していること3 ちょっと変(笑)

だいたい優秀な人ほど、なんか変です。社会人になると割と見た目はしっかりしてしまうので、学生時代に注目しておくと良いでしょう。いつ髪の毛切るねんっていうくらい長い人とか、パソコンにずっと話しかけてるとか、あとなんかオーラがやばい人とか。おそらく集中しすぎて他のことが気にならないんでしょうね。
「いや、これ実践出来ないじゃん。」とお思い方ご安心ください。形から入ればいいんですよ。今日から何か一癖あることをやってみましょう。僕もとりあえず今日から、語尾に「すいふと(Swift)」とつけて、圧倒的iPhoneアプリエンジニアを感を出してみたいすいふと。


以上です。さようなら。