ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

常磐線に閉じ込められた話

GWで実家の方々が旅に出るそうで、その間のお留守番(正確には仏壇と神棚のトリートメント)を頼まれて、数日泊まりました。今日その帰りだったんですが、常磐線で品川まで一気に帰れるようだったので、それで帰りました。あ、ちなみに、品川まで直通の上野東京ラインは2015年に出来たので、まだ日が浅いです。

まぁそれは置いといて、
お昼前くらいでしたが、帰省ラッシュでものすごく混んでて、僕はベビーカーを押してたので、そのまま乗れそうもなく、グリーン車の通路で待機してたんですよね。もちろんグリーン券払いましたよ。あ、ちなみに、グリーン券はiPhoneのSuicaのアプリで、乗車後に購入しました。販売機に並ばずに済むので、おすすめです。

まぁそれは置いといて、
上野過ぎたあたりから、当然、席が空いて来たので、パソコンで作業もしたかったので、残り数駅でしたが、グリーン車の先頭にベビーカーを突っ込んで、座ることにしました。ふんふふーんとパソコンをやってる間に、品川駅についたんですよね。それで終点だし、混んでるから「一番最後に降りよう」くらいのテンションで待機してたんですよ。

それで「だいたいみんな降りたなぁ」と思ったくらいで、僕も降りようとしたんですが、ななんと、扉が、開きませんでした(爆)。

すでに折り返しの準備が始まってて、前の方から清掃員の方がいそいそと来て、僕はあわあわしてたら「降りられませんし、私にはどうすることも出来ません。」と「貴様の自業自得じゃ」くらいの冷たいテンションで言われて、さらにあわあわ。先頭車両に行けば車掌さんがいるんではないかと、グリーン車を出て、一番前の車両に行ったんですが、誰もいないし、扉も開きませんでした。

外には折り返しの乗車を待つ人が並んでて、 中の僕と、外の人の目があって、なんか気まずい感じになり、電車内をふらふらしながら、折り返し準備が完了するのを待ちました。脳内BGMは中島みゆきで「空と君のあいだに」でしたね。

途中で、スーツケース持ったおっさんもあわあわしながら来たので、彼もまた閉じ込められたのでしょうね。ああ僕だけじゃないんだって安心しましたよ。

しばらくしたら折り返しの準備が出来たみたいで、扉が開きました。なんでも、列車が遅れてて急いでたみたいです。僕は品川で到着なので良かったですが、これ乗り換えある人はちょっとかわいそうですよね。途中で会ったおっさんのあわあわ度が、僕よりだいぶ高めだったので、彼は乗り換えがあったのではないかと思います。どんまいどんまい。

みなさんも気をつけてください。