ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

優秀なエンジニアが最終的に行き着くスタイル6パターン

jp.quora.com

プログラマが辿り着くスタイルとして、こちらの回答がすごく参考になったので、メモ程度に残して置きます。僕の周りにいる人で「あー、あの人このタイプだわ」とか思いながら。

f:id:app_2:20190510221309p:plain

1. スペシャリストタイプ

いわゆる天才系。誰も思いつかないような、システムを作りあげる。意外と暗躍(目立つことが嫌い)してる割合が多い気がする。

2. ジェネラリストタイプ

オールラウンダーですね。会社のCTOに多い気がします。みんなのスーパークッション。

3. フィクサータイプ

トラブルなどを解決する能力に長けたタイプ。お堅い会社でも、イケイケベンチャーでも重宝がられる。他人の気持ちを汲むのにも優れていると思います。だからバグ修正が早い。

4. 職人タイプ

美的センスがある。1pxのズレも気持ち悪いタイプ。とにかくコードが綺麗で、単独開発を好む。

5. エースタイプ

1人で10人分くらい働いちゃうタイプ。僕の周りにはあんまりいないというか、1〜4のタイプになる人が、若い頃に、このタイプになってる気がする。とにかく体力がある感じですかね。

6. リーダータイプ

10人をまとめて、100人分の成果を出す。これも僕の周りにはあんまりいないですね。多分大企業のトップの方に君臨してるのかと。僕の職場はほとんどベンチャーなんで。そもそも、10人以上エンジニアがいる職場で働いたことがなかった笑



以上です。
なんとなく自分がどのタイプに行き着きそうになるかイメージ出来ると、自分の得意な分野が見えている証拠かと思います。ちなみに僕はメインは「4.職人タイプ」だと思ってます。あとは「3.フィクサータイプ」と「2.ジェネラリストタイプ」も入っている気がします(と願いたい)。

あなたはどんなタイプになりそうですか?