ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

1つのことを極める奴は死んでいく

テラスハウス見てますか?
僕は最初から全て見てます。今2度目の東京編「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」が始まっているので、まだ見てない人は今すぐNetflixを見よう。

www.netflix.com

ちなみに動画コンテンツで一番面白いのは「テラスハウス」で、テキストコンテンツで一番面白いのは「発言小町」だと思ってます。

さて、その第2話で仕事観の話が出てきます。
簡単な内容をまとめると、

- 1つのことを極めるべきだ
- 色々なことにチャレンジするべきだ

で、言い争ってます。

1つのことを極めることは才能がある奴しか出来ない

断言します。全員が全員イチローにはなれません。子供ならともかく、大人ならはっきりと自覚すべきです。

後者の意見を持つ人が、記事のタイトルのような発言をしていたんですが、これって「1つのことを極めるとか言ってる、才能のない奴は取り残されてしまう」って意味だと僕は解釈しました。そうだとしたら、まったく持って同意です。ましてや、この意見を人に強要する人はもってのほかです。

ただ目の前にある興味に全力を尽くせ

同じくNetflixの「あいのり」という番組で、AIというおっさんが言ってたと思うのですが、まさにこれが理想形だと思ってます。僕は不完全燃焼するのが良くないと思ってて、とにかく燃えそうなものを、どんどん突っ込んだ方が良いと思ってます。どこに情熱を注ぐかは問題じゃなくて、情熱を注ぎ続けることが出来る人生なのか。それが大切だと思っています。

1つのことを極めるなら、職業で絞らず、感情で絞れ

ただどうしても、1つのことを極めたいと言いたいなら、職業ではなく、感情で絞ると良いと思います。「とにかくワクワクすることがしたい」「もの作りがしたい」「表現したい」そんな感情で絞ると良いです。「お笑い芸人を極めたい」ではなく「人を笑わせたい」。そういう感情を軸に持つべきです。職業で絞ってしまうと、本当に辛いし、才能がないと挫折して立ち直れなくなってしまいます。もっと大きなジャンルを持ちましょう。

何をすべきか分からない人へ

ちょうどいい記事をこの前見つけました。

やりたいことがなくて、立ち止まってしまう20代の人向けの記事

こちらを読んでみるとしっくり来るかも知れません。

僕の場合

昔からもの作りが好きです。だからもの作りを極めたいですが、職業は何でも良いと思ってます。たまたまプログラミングを習得したので、今はプログラマーですが、機会があれば彫刻家でも、建築家でも、なってみたいです。ただ軸には「もの作りがしたい」という感情があります。考え方としては、1つのことを極めると言うよりは、色々なことにチャレンジすべきという方になるでしょう。今はプログラミングが一番手っ取り早く、一番自分の想像する形を世に出せるので、この仕事ばかりしてる感じです。職業と言うのはあくまで手段であるべきだと思っています。

www.youtube.com

スティーブ・ジョブズが言うように、何に情熱を注いでも、全ては必ずどこかで繋がるはずだとも思っています。


あーお金欲しい。