ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

ハンターハンターの制約と誓約は現実世界でも使えるし使ってるから、結婚しよう

まずね、今日からまた毎日ブログを書くことに決めました。何故かと言うと、「毎日じゃなくてもいいや」って決めると全然書かないんですよ。「毎日書く」って決めると、0日よりは多い日数書くんですよ。それと何を思ったか、敬語?丁寧語?を意識して、ブログを書いてましたが、なんていうかそれだと自分の言葉にちょっとブレーキがかかる気がしたので、なんかもごちゃ混ぜで行こうと思います。あとジャンルもなんか絞ってたけど、雑記だからね。もう何書いてもいいやと思って、今回なんか「ハンターハンター」について書こうと思いました。僕はすっかり少年じゃなくなったから、少年ジャンプはもう読めないんですが、まぁ多分まだ休載してるでしょうね。オリンピックもあるし。前置きはこれくらい。

制約と誓約について

ハンターハンターで念能力の底上げって言うか、掛け算的にパワーアップさせるのがこの「制約と誓約」なんですよね。例をあげると、「対象の敵以外を攻撃できないようにする。もし破ったら自分が死ぬ。」みたいな感じです。かわいいのだと「息止めてる間だけ能力が使える」とか「攻撃前に技名を叫ぶ」みたいな。「なんだそれ、そんなんでパワーアップするんかい。それだったらみんな死ぬ気でやればみんな最強ぢゃん」とか思っちゃったお子様いるかと思いますが、そうじゃぁないんです。

HUNTER X HUNTER26 (ジャンプコミックス)

HUNTER X HUNTER26 (ジャンプコミックス)

覚悟出来る者しか覚悟出来ない

死ぬ気でやる!って言っても、実際失敗した後に死ねる奴はまずいないんですよね。周りのお友達にいますか?いたらそいつは頭がすでに逝っちゃってます。(まぁハンターハンターの主人公のゴンさんは完全にサイコパス野郎なんで、そういう覚悟が出来るんですが。)洗練されたドス黒い意志の強さがないと、とても大きな制約と誓約は取れないんです。(ただ制約の方で強制的に縛ることは出来ます。)

私たちは普段から制約と誓約は使いまくってる

のび太でさえ使ってます。「嘘だったら鼻でスパゲッティ食べながら逆立ちして町内一周してやる!」とか言ってましたよね?(のび太も現実じゃないですが)。我々も同じように「今日からブログ毎日1記事書く!書けなかったら腕を切り落とす!」とか言ってますよね?これは立派な誓約です。もちろんこの場合、僕は腕を切り落とす覚悟がないので効力は微々たるものですが。これを友達100人の前で宣言するとか、手首に爆弾をつけて、タイマーセットして、はてなブログのRSSをcronで毎日00:00分に取得して、前日更新された記事が存在しなければ爆破!みたいのを作ったとしたら、僕のブログ更新能力がかなり上昇するでしょう。これは制約です。これは極端な例ですが、「負けた方が飯を奢る」とか「宿題終わるまで遊びに行っちゃダメ」とか小さな制約と誓約を使っているわけです。

制約と誓約を破ると反動がくる

制約と誓約の大きさによって、制約と誓約を破ったときの反動が出ます。最悪死ぬよりも辛い目にあいます。「毎日ブログを書くぞ!」って決めたのに、守れなかったらどうなるか。多分なんか虚無感に襲われ、2、3日飯も食えずに、ジュースばっかり飲むみたいな状態に陥ります。この程度の覚悟でこの反動です。恐ろしいですね。もし手首に爆弾をつけていたら、両腕吹っ飛びますし、友達100人の前で宣言したら、100人から蔑まされて、自分で掘った穴から一生出てこれなくなるでしょう。いやー恐ろしい。

結婚しよう

プロポーズの瞬間、生半可な覚悟で言う人はあんまりいないと思うんですよね。この言葉には所謂、誓いの言葉も含まれているでしょう。あれですよ。あれ「幸せな時も、困難な時も、富める時も、貧しき時も、病める時も、健やかなる時も〜愛することを誓います。」的なあれです。これどう見ても誓約ですよね。さらに結婚式を挙げたとなると、大金かけて、親族、お友達、会社のお友達、その他のお友達の前でもっぺん誓うことになりますから、相当な制約と誓約です。しかもスポットでかなりの覚悟をすると思います。僕はこう見えて結婚してるんですけど、当然ハンターハンターを愛読してましたから、このときの覚悟は震えるくらい跳ね上がってましたね。「もしこれを破ったらいったいどんな反動が来るのか」想像しただけで尿もれ必至です。たぶん破ったら、体がネジネジに絞られて、ペシャンって音とともに液状になったあと中途半端に戻され、自分の生えてくる腕を食べながら「自給自足」の生活させれることになると思います。がんばれよ。