ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

安全基地は大人にも必要である

pepenee.hatenablog.com

たまたま流れて来た記事を読んで知ったこと。子供(もちろん大人も)にとって、精神的に安心できる場所がないと、行動が抑制されてしまうというもの。例えば夫婦仲が悪かったり、母親がネグレクトだったりすると、子供が好奇心を持って挑戦することがなくなり、発達が遅れたり悪影響が出てしまう。子供が安心して帰れる場所、それを「安全基地(セキュア・ベース)」と呼ぶ。

ja.wikipedia.org

前々から家は精神の拠り所みたいな存在になるべきだと考えていましたが、その名称?みたいなものが分かってより意識しやすくなりました。もちろん子供の性格なんかもあるので一概にそうだとは言えませんが、たまに児童館で母親の側からまったく動かない子供がいて、すごく違和感を感じていたのですが、もしかしたら安全基地が出来上がってないのかもなぁっと。

komachi.yomiuri.co.jp

↑2歳になる子に厳しく叱責し、母親の側から動かない子供のお話。子供に対して「死ね」「テメー」などの言葉遣い。じっと動かない=躾がなっていると母親は思っている。

この話だと完全に子供は安全基地を失って、停止してしまっている状態です。上の子がいるそうですが、他の母親にべったりの様子。完全に子供が居場所を失っています。それを諭すように、ママ友(になって救おうとしている方)が注意しますが、それでも顧みることはなかったようですね。

さて一見すると親が悪いみたいになりますが、なぜ親は安全基地を作ることが出来ないのかを考える必要がある気がしてきました。それが分からないといつまでたっても状況が良くならないからです。そしてこれは連鎖なんじゃないかなと思っています。つまり親が安全基地を持っていないのです。例えば母子家庭で育児の負担が重いとか。別の何かで精神的ダメージを負っているとか。病気持ちとか。親が安全基地を持っていないと、子供にも安全基地を用意してあげられない。理に適ってるように思えます。

最初にご紹介したブログの著者は、自身が精神疾患に罹ったにもかかわらず、児童福祉の仕事を通し、相手の安全基地になることによって、自身の安全基地を手に入れました。これは内側から解決することなので、涙ぐましい苦労と努力を重ねた結果だと思います。素晴らしいです。では、先ほど紹介した母親の場合どうすれば良いか。おそらく自ら解決することは出来ないでしょうから、ここはママ友に任せるしかなかったですね。

ママ友の責任と覚悟

なぜ上の子はママ友にべったりになったのか、なぜ彼女はママ友と友達になったのか。実は彼女も、その上の子も、下の子も、安全基地を求めていたのではないでしょうか。上の子は言わずもがなですが、彼女も些細なことでイライラしているようですし、かなり精神的に不安定になっていたように見えます。おそらくここで、彼女のことを受け入れ、ちゃんと叱ってあげられれば、もしかすると彼女の中に安全基地が出来上がったのかも知れません。上の子は「この人だったら僕たちに安全基地を作用意してくれるかも知れない!」と本能的に思ったのかも知れませんね。そして、ママ友は彼女に注意をします。もちろん時間がかかることですから、一度では解決しないでしょうが、もしこの後もママ友がママ友をしているのであれば、彼女、そして彼女を通してその子供達が幸せになれるかも知れない。見返りとしてママ友にはさらなる幸せが待っているかも知れない。子供でも大人でも、その言動にはサインがあり、理由があり、SOSも含まれている可能性があることを常に頭に入れておく必要があるかと思います。