ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

稼いで自由になるためにインフルエンサーとかブロガーとかユーチューバーとかを目指すのはやめましょう

なんか言葉の響の問題なのか、特に若い人にその傾向があると思うんだが、トップ層のインフルエンサー(僕は正直この言葉は好きじゃない)とかプロブロガーとか、ユーチューバーとかは、断言します。自由じゃないです。一緒に自由になろう!海外で活躍しよう!今アジアが熱い!とかはもっとヤバいです。熱いのは気温だけで、自由なことなんてないです。そういうのにひっかかる人が求めている「自由」とは多分、

ホワイト大企業に就職して、定時に帰ること

です。ん、この見出しの書き方新しいな。多分実際活動してみると分かると思うんですが、毎日ブログ書くとか、毎日動画あげるとか、SNS更新しまくるとか、すげー労働力です。マジトップ層の方々は変人、奇人だらけです。たぶん呪いに近いものに囚われているんだと思います。ホワイトな大企業につとめて、出世とか気にせず、のびのびやれば、趣味の時間も費やせるし、お金の心配もないし、世間体も良いし、良い事づくめじゃないでしょうか。

お金を稼ぐためにじゃ続かない

そもそも大前提に「稼ごう!」って気持ちの人の選手生命は短命になります。なぜならお金を意識した段階で、お金に縛られてしまうから。駆け出しの数年はまったくお金にならないこともあるでしょう。そうすると思う訳ですよ。「あれ、こんなに努力しているのに全然お金にならない。」って。そして気づく訳です「あれ、なんのためにこの仕事を選んだっけ?全く自由にならないじゃないか。」と。そこで別の意味を見い出せれば良いですが、続けてお金にこだわるならば、そこでリタイアすることでしょう。その努力を勉強や就職活動に充てて、ホワイトな企業に就職した方がよっぽど効率的ですし、よっぽど賢い選択です。

個人で稼ぐのは辛い

みんなの力を合わせて、みんなで稼ぐ。これが企業。責任も分散できる。誰かのミスを誰かがカバーすることが出来る。誰かにおんぶしてもらうことだって出来るわけです。個人の場合は、自分のミスは自分のミスだし、カバーしてくれる人もいません。もちろんその分利益を独り占め出来ることもありますが、それに比べるとプレッシャーの方がよっぽど強くて、とてもコスパの良い、賢い働き方じゃぁないと思う訳ですよ。

それでも個人で生きることを目指すわけ

前提が違う。お金じゃない。本当に。そうじゃないと続かないし、どこかでピタッと成長が止まってしまう。僕の場合、プログラマーのフリーランスでやらしていただいてますけど、別に稼ごう!とか自由になろう!とか一切考えていませんでした。ただ単純にプログラミングというかアプリ作りが好き過ぎただけです。気づいたら一度も就職せず、ありがたいことに仕事も途切れることなく頂けているので、結局フリーになっていました。どこにも出社せず働いてますが、自由かって言われると、とても自由じゃぁないです。仕事や仕事が途切れるかもしれないというプレッシャーにいつも悩まされています。定時もないので、深夜遅くまで作業しなければならない場合もあり、いつ寝てるのか、いつ起きたのかも良く分からなくなることもあります(もちろん僕の管理能力の低さも起因しているでしょう。)。ただ今のところアプリを作る事で生きてはいけてるので、その点に関してはハッピーな気がします。僕はこのハッピー度をあげるために、日々色々模索してる感じです。このブログを始めたのも模索の1つです。ブログも5個くらい作っては消し、作っては消しを繰り返しているんですけどねぇ。まぁあえて目標として挙げるなら、個人でヒットアプリを出して、当面金の心配をしなくて良い状態にしたいです。今まで10本以上個人で出しましたが、まぁ全然ダメなんですけどね。辛いです。でも少しづつ成長している気はしてます。だから続けるんです。辛くても。もし経済的な心配がなくなったらどうするか。当然、僕は今まで以上にアプリ作りに没頭したいです。より良い環境でアプリ作りをしたいから、アプリを作ってる感じです。必死でしょ?

それはあくまで手段

インフルエンサーとか、ブロガーとか、ユーチューバーとか、もちろんプログラマーも手段であって、その先に何をしたいかがないと98%くらいで挫折します。先というか前提にですね。多分「ポンっと10億円もらったらあなたはどうする?」と言われて思いつくことにその手段が絡まないといけないと思うんだよね。僕だったら、3億くらいのマンション(一部屋ですよ)買って、3億くらい生活費、管理費、税金用にとっといて、あとはめっちゃスペックの良いPCとかデスクとかチェアを買って、アプリを作りまくって、サーバー代とか、広告費に使いまくる予定。

f:id:app_2:20190626052538p:plain

職業病だと割り切ってるんですが、首がとっても痛くなるので、このチェアデスク的なのは本当に欲しい。だってすごい楽そうじゃん。ただ500万円以上する。てか今の家じゃ置けないなぁ。僕はより良くアプリを作るためにアプリを作っている。それで生活出来ているから良いが、もし生活出来なかったら、矛盾しているようだがプログラマーをやめてバイトしたって良い。多分トップになる人はみんなそうなんじゃないかな。サッカーをするためにサッカーをして、歌いたいために歌う。お金は後からついてくる。

うんと稼いだ後を何するのか?もう一度自分に聞いてみて欲しい。その延長線上の先に、まだインフルエンサーとか、ブロガーとか、ユーチューバーがあるならば大いに取り組んで欲しいと思う。目的と手段が一致すれば、ものすごい速度で進めると思うんだ。