ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

スターバックスによるダブルクエスチョン問題について

前回こんなことを書いたが、
それと同じ店舗で起きたこと。

blog.nurumayu.app

この日は雨だったため、店内は満席だったが、外のテラス席が少し空いていたので作業をしようと思いアイスコーヒーを買いに並んだ。僕の前には3人並んでいた。レジは2つあったが、1台しか稼働していなかった。

「ご注文お決まりでしたらお伺い致します。」

まだ並んでる僕の前の前の人が店員にそう聞かれた。事前に注文を聞いて、行列を解消したい寸法だろう。僕の前の人も聞かれた。すごくどうでもいいけど、こうやって順番に聞いて行って、いつか僕に当たるみたいなシーンてすごく緊張しません?学校とかで、横一列順番で質問してくパターンとかあるじゃないですか。あれと同じですごく緊張する。「じゃぁ今日は五の倍数の出席番号で当ててくぞー」とか。高速で計算して、何番目に当たるか出してドキドキしながら待つ。なんかそんな感じ。

「ご注文お決まりでしたらお伺い致します。」

来た。僕の番だ。

「ア、ア、ア、ア、アイスコーヒーお願いします。」

無事に言えた。かしこまりましたとその店員さんがカウンター内に戻っていた。僕は安堵した。あとは待って、クレジットカードで払えばいいだけだ。簡単。簡単。そう思った矢先だった。

「ご注文お決まりでしたらお伺い致します。」

な、な。。。ん。。。だと。。。

鼓動が早くなっていく。
頭でシミュレーションしまくった結果、デジャブみたいになっている?こっちが本番?なんなんだ?ん?ん?!!あっ!

べ、別の店員!!
なんてこった。コミュニケーション不足か?彼の方から彼女がすでに聞き回ったことが見えていないのか。いや彼は今カウンター内に居たんだから見えているはず。というか僕の前の人はスルーして僕から聞いているから、僕が新規で並んだ客だと思っているのか?問題は僕の存在感の無さ?くっ。。。ど、どうする。僕は一瞬頭が真っ白になったが、すぐに冷静さを取り戻しこう言った。

「あ、さっき注文しました。」

ああそうですかみたいな反応をした店員。よかった。これでまた並ぶことに集中できる。そう思った瞬間さらに事件は起こった。同じ店員が続けてこう言ったのだ。

「あちらでお伺い致します。」

え?あ?ん?え?はっ?だからもう注文したって。
え?何を伺うんじゃ?何を言っているんだこの男は。

「あ、さっき注文しました。」

もう一度僕はこの言葉を繰り返す。

「あ、あちらでお伺いいたします。」

まだ言うか!いくら内気な僕でもそろそろプンプンしちゃうぞ。僕はほんのり語気を強めて

「あ、さっき注文しました。」

と繰り返す。俺はSiriか。Siriなのか。同じこと聞くなら。同じことしか言わないもん!こんちくしょう!彼は、苦笑いしながらこう答えた。

「あ、お会計まだですよね?あちらのレジでお願いします。」

は?え?あ?んんっ???はぁーーーー!!!
レ、レジが、、、もう1つのレジが、、、か、解放されている。。。だ。。。と。。。?

うえええええい!!!限定解除ぉおお!!!!!
つまり最初の、伺うはメニューを伺うの伺うで、次の伺うは、お会計を伺う。伺うって言わなくね?え?言うの?対応します的な意味?うええええええええええええええええええい!!なんなんだよ。メニュー伺いますのあとに「あちらで伺います」じゃ同じ意味に捉えるでしょ。「あちらのレジで伺います。」とかならまだいいけど。いいやダメだ。人にはもっと親切にだ。「あちらの新たに解放されたしレジにてお主のお会計の方を処置したい所存よろしくお願い致したい所存。」くらい言わなきゃダメでしょ!!!!!

おちまい!