ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

「いい歳していつまでも独身の人は信用しない」株式会社クローバーフィールードの発言について思ったこと

株式会社クローバーフィールドの公式アカウントのこんなツイートが炎上していました。

一連の流れはTogetterにまとまっています。

togetter.com

いい歳していつまでも独身の人は信用しない

例えば、入社する際にも大企業とかだとまず、出身大学でふるいにかけられることが殆どですよね。でもこれって、出身大学の偏差値が高い = 仕事が出来るって訳ではないんです。出身大学の偏差値が高い => 仕事が出来る奴の可能性が高いって話なだけです。時間とお金に余裕があるなら、全員を一旦会社に入れて、1、2年くらい働かせて、能力や伸び代の有無を見極めたいところなんですが、そんな暇はないので、まず大学の良し悪しで選考するんです。また偏差値の高い大学に受かっているなら、努力できる奴だろうって思われるのも事実でしょう。同じように、いい歳して独身の人は信用度がそうじゃない人に比べて下に見られるのもおかしくないロジックだと思うんですがどうでしょうか。なぜなら、

結婚するにも努力がいる

と思っているからです。基本的に結婚というのはあらゆるプレッシャーを2人で乗り越えて到達できるものだと思っています。子育てはもっとシビアです。なので、それが出来ている時点で、割と信用できると思っても間違いじゃないと思います。同じように、結婚している人 = 信用出来るではなく、結婚している人 => 信用できる可能性が高いということです。

例外を持ち出されても困る

「LGBTとか、病気やらで、結婚できない人とかはどうするんだ!ばーかばーか!」ってコメントが散見してますが、これは同じように、病気で大学へ行けなかった人も、大学へ行った人と同じように評価してやれよ!とかと同じことを言っているわけで、はじめに戻りますけど、「見てやりたいのは山々だけどそんな時間ない」ってのが現状です。大企業になればなるほどそうでしょうね。LGBTだから仕事が出来ないって訳じゃないです。結婚していなくても、圧倒的なパフォーマンスを発揮する人はいるでしょう。でも面接で見抜けないんですよ。暇がないんです。だから、良い大学へ受かった人の方の評価をあげる、結婚している人を優遇する。そうした方が良い人材が集まる可能性が高くなるという訳です。

デキ婚とかいるだろう!ばーかばーか!

あと虐待している親とかもいるだろう!ばーかばーか!
だから例外を持ち出されても困るわけで、殆どの家庭が、しっかり覚悟を持って、プレッシャーの中、結婚や育児をして、子供達の未来を考えて仕事しているわけ。「うちはそんなことないよっ」とか「うちの親はそんなことないよっ」て思ったあんたは例外の中にいる家庭だから気にしないで大丈夫です。無作為に、さっと手ですくうより、優秀な大学を出ている枠、既婚者の枠からすくった方が、いい粒が入っている可能性が高くなるというだけの事です。

ただ会社のアカウントでつぶやく事ではないかも

「社員数13人って少なwwwwwwwwださwwwwwww」とか言ってる人いるけど、僕みたいなフリーランスからすると、すげーってなるし、年商も億行ってるからすげーってなってる。僕も億くらい欲しくていつももがいているが全然まだまだ先のことになりそう。でもその頃にはアルバイトとか雇って社員13名とかになっているかも知れない。こういう発言がすんなり出来るので、割とずっとワンマンな感じで来てるんじゃないかと思う。だから今回の発言は、もう個人の発言として考えてくれればいいんじゃない?イラついてる人は。あとチョコ食べるとか。