ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

僕は僕の目を通して見る

アートってあるじゃないですか。絵とか音楽とか。もちろん作者がいるわけで、作者も何かしら思いを込めて作成している訳じゃないですか。そしてたまになんですが、その作り手の思いと、聞き手の感じる思いが一致しなきゃいけないみたいに思っている人がいるんですよ。「作者はこの時〜こういう時代で〜あれこれあれこれを思い〜〇〇のために〜」って来なことを聞いてもないのに説明してくる人とか。

うるさい

もちろんある程度バックグラウンドがあった方が楽しめる場合も多々あるけど、基本的に何も知らない状態で触れるのが一番楽しいと思っている。ピカソが描いた絵だろうが、近所の小学生が描いた絵だろうが、僕が良いと思たら、僕にとって良いアートなのだ。幸い、僕も妻も芸術系の知識が全くないので(笑)、美術館とか行くと純粋に作品に対して、感じたことをツラツラ言い合えるのですごく楽しい。ただそういうとこに行くと上記のように色々勝手(いや、ありがたいですよ。)に説明してくれる人がいるので、徐々に知識が付いてきてしまうのが嬉しいような悲しいような気持ちになる。

知識がついた先

こういう技法で、職人がすごい苦労して作ったとか、世界に1点しかないとか、そういうの聞くとその知識ベースで「これはすごい作品なんだ!」と思ってしまう。もちろんそれも目指すべき聞き手の形なんだろうけど、やっぱり真っ白な状態でぶつかった時にどう感じたかってのも大事にしたいわけ。分かります?