ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

仕事に感情はいらない

なぜかって、うつ病になるから。特に人と関わる接客業とかだと特にそう。学校の先生がモンペの対応に追われて、病んでしまうなんてよくある。上司にひどく叱責されて病んでしまうなんてこともよくある。もちろん、喜怒哀楽なく生徒に接して行こうとかそういうことではない。あくまで、言われたことに対して、深く落ち込んだり、激しく怒ったりする必要はないということだ。相手が怒鳴り散らしてるのを俯瞰的に見れるように訓練しよう。激しく怒って良くなること、激しく怒られてよくなることは何もない。その先に必要とされてるアクションを論理的に先読み出来るように訓練しよう。ミスは必ず起こる。どうカバーするかが問題であって、ミスは問題ではない。ミスをしないようにするのはもちろん大事だが、本当に大事なのは異常系のときにいかにカバー能力が発揮出来るようにするかなのだ。だからミスは成長のポイントだ。正しく対処していくことが出来れば、ミスを繰り返せば繰り返すほど強固なシステムが出来ていくし、さらに臨機応変さも増していく。だからその過程で怒られることや悲しむことは問題ではない。理不尽な要求についても、どう対処するのが最善か考えられる成長ポイントなのである。感情はいらない。淡々と策を試していくだけだ。謝る時も、怒鳴られている時も何も思う必要はないのだ。不要な感情を捨て、スマートさを持とう。対策することに楽しみを見出そう。成長することに喜びを感じよう。何かを考え創造することほど楽しいことはないのだから。