ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

お墓参りをする意味

お盆がぼん、ぼぼんばぼん。というわけでお盆です。いまいちなんのかよく分かっていませんが、とりあえずお墓に行く感じです。で、僕の親はちゃんとやる感じでわざわざ渋滞の中3時間かけて向かいました。今日は僕もばっちゃんちの大掃除があったので同行しました。で、思ったわけですよ。

墓参りは今生きている人のためにある

いい年になって家を出ると、実家イベントってあんまりなくて、こういうお盆とかでお墓参りをみんなで行くと世代の違う家族が一度に集まったり出来るので良い気がしました。僕の血筋はおしゃべりが多いので、渋滞にハマってもずーっと喋ってるので退屈しないです。亡くなったご先祖様を思う気持ちももちろん大切ですが、本当の効果はこっちにあるんだなぁと感じました。

だから自分の子供にも習慣づけようと思った

毎年、お盆とかお彼岸とかあと何があるかよく分かっていませんが(笑)、お墓参りを習慣づけておけば、大人になった後も、年に数回みんなで集まれる可能性が高まります。そういう習慣を作るだけで、大きい枠組みでの家族の絆とかが深まるような気がします。お墓参りもそうですし、初詣なんかもそうです。時よりみんなが集まれるとすごくハッピーな気がします。そうでもないと誰かが亡くなった時くらいしか集まる口実がありませんからね。もちろん子供が家庭を持ったら基本的に干渉することはしないでしょうが、こういう口実がお互いのメリットになる場合が多々ある気がしました。墓まいりは先祖を思い、子孫を思う行為なわけです。