ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

娘が拒食症になる理由は家族にある

telephone-soudan.com

はーーーっ!ってなる内容。みんな大好きテレフォン人生相談から。というか僕の趣味が、発言小町を読むことと、テレフォン人生相談を読むことなんですがヤバいですかね?これらを超えるコンテンツ、世の中に存在してなくないですか?笑

さて相談内容なんですが、娘が拒食症で体重が30キロ台とからしく、パパんが「どうしたらいいですかね?」って内容。まぁ読んでみると多分99.5%くらいの人が「パパンのせいじゃん」ってなると思います。

父親の無関心

父親が自営業で、まぁ僕も自営業みたいなもんですが、やっぱり会社員より自営業の人の方がちょっとおかしい人多いですからね。仕事第一優先なんでしょう。もちろん家族を養っていくために必要なことですが、あまりに無関心過ぎたのでしょう。相談内容からも「娘から解放されたい」的なニュアンスも受け取れます。で、ことの発端としては、母親が長期で不在の時、娘が父親のために家事をした訳なんですが、料理を作っても全然食べてくれなかったみたいですね。まぁそれも一つの理由でしょうが、基本的に無関心過ぎたのでしょう。

仕事優先のリスク

結局家庭のことは母親に任せっぱなしだったため、母親がいなくなった途端、心の拠り所がなくなったために娘さんは(父親と仲良くなるために)家事や料理をしたのですが、父親が突っぱねてしまったことで拒食症になってしまったのだと思います。普段からそうなんでしょうね。母親がいてギリギリ保っていたんだと思います。もちろんちゃんと稼いでくれることは大事ですが、仕事に100%力を振り分けると、このようになってしまう訳です。

優しい子ほど摂食障害になる

夫婦間の仲の悪さなど特に優しい女の子なんかはもろにダメージを受けてしまいます。こちらの相談も、本人の問題かなと相談者は思ったんですが話を聞いてみるとやはり夫婦間に問題があると思われます。

telephone-soudan.com

結局どうすればいいのか

全国のバリバリ働くパパンは肝に命じてください。頭の中で仕事と家族への力の配分を8:2以上にしてください。9:1では少な過ぎます。10:0では必ずいつか破綻します。僕の場合は6:4くらいで動いています。ワーカホリックな人はiPhoneの待ち受け画面にでも書いといてください。仕事を8やったら必ず2は家族のために使ってください。ちなみに、1週間は7日なので、平日5日間はフルに仕事に集中し、休日2日間はフルに家族に力を使うだとだいたい8:2とか7:3くらいが近い割合になります。が週よりは1日の中でこの配分をしてあげるともっと良いと思います。

仕事:家族 = 8:2以上の割合で力を配分する

これがハッピーライフハッピーホームな公式です。

誰に見せたいか

そういえば、学生時代僕の同期の妹さんが拒食症っぽかたけどあれも家庭に問題があったのかなぁ。学校ではすごく元気そうだったし。胃からくるSOSだったと思う。心の不調は、顔や体、もちろん言動にもSOS信号として出てきます。いち早く気づけるのは親だし、影響をもろに与えるのも親なのです。僕はわりとそういういのすぐ気づいちゃうタイプなんで、あの時「大丈夫?」とは声をかけたけど、それ以上は踏み込めなかったなぁ。他人じゃあんまり踏み込めないよねぇ。