ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

絶対おごっちゃう系男子の心理

割と最近は減って来てる気がしますが、絶対女性に対しておごっちゃう男子っていますよね。そうです。僕です。自慢じゃないですが、妻には学生時代付き合っていた頃から今までで1円たりとも出させたことがありません。100%僕が払っています。結婚してからはかかる全ての費用、例えば携帯電話代なんかも全部僕の方で払うようになりました。で、なんでそういう心理になるのかって言うを改めて考えてみたんですよね。

一緒に過ごしてくれただけでまじ圧倒的に感謝

デートでも食事でも、基本的に「僕のために相手が時間を消費してくれている」っていう発想になるんですよね。だからその対価として「ここは僕が払うよ。」ってなるんですよ。だからたまに家でプチパーティする時なんかも「みんな貴重な時間を使って僕の家で過ごしてくれた」ってなるんで、対価として全額払うわけです。だから僕の中で、もう売買が成立しているんですよね。

時間が一番貴重な資源

この歳(どの歳?)になるとやっぱり「時間」って言うものが一番貴重だなぁって分かりますし、常日頃からコストや利益に対して時間で割って、パフォーマンスなんかを計算しちゃうわけですよ。同時にコストや利益に対してお金で割って出すパフォーマンスも常日頃考えちゃうわけです。だから時間とお金は割とトレードしやすく、時は金なり的な言葉も生まれてくるのです。だから、時間を使ってくれた恋人や友人に対して、お金を払う(奢る)って行動に繋がるんだと思いました。

じゃぁ相手は?

この理屈を相手も持っていれば当然「いえいえここは私が」みたいな感じなっちゃいますよね。その場合は「今度誘っておごってください」みたいな返しが多いと思います。同等の考えの場合、呼んだ方が払うって感じですね。まぁそれでも折れない場合は、僕が折れますが、毎回どちらかがビシッとおごってくれた方が気分が良いので、先に僕が言ったら引いて欲しいですね。素直にありがとうでええやんか。

お互い気持ちの良い流れ

「奢るよ」

「わーいうれしい!」

とか

「奢るよ」

「ありがとうございます〜。次は私の方からお誘いします(おごります)ね。」

的な感じ。なんか財布を取り出すフリとかもめんどくさいのでやめて欲しい。