ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

子育てって投資でしょ

たまーに「育てた分金返せ!」とか「学費返せ!」って言う親がいますが、返さなくて良いというか、基本的親は扶養義務があるから子供を育てないといけない訳ですから。

子育ては投資だ

私立に入れるとか、大学まで通わせるとか、時間やお金や労力は好きなだけかけることが出来る。僕は投資に近いと思っている。そしてリターンは子供の幸せだ。それが自分の幸せに繋がる。1だけかけて何百倍もの幸せを得る子供もいるだろうし、1000かけても不幸になってしまう子供もいる。もちろん何をもって不幸か幸せかは本人が決めることなのだが、大学院まで通わせて結局就職出来ずに引きこもりになってしまった場合なんかは親から見たら投資失敗だろう。

投資の大原則

が、ここでこの失敗を子供のせいにしてはいけない。投資の大原則として失敗の原因は自分の中にあるのだ。この場合投資の仕方が悪かったのかも知れない。お金をかけるのではなく、もっとコミュニケーションを取る時間を投資すれば良かったのかも知れない。たらればの話であるが、必ず自分側に落ち度があったのでないかと省みることが重要で、当然、成功(と思えた)時にも反省が必要である。ここで子供を責めたり、金を返せと子供に集るのはナンセンスである。というか神経を疑う。

とにかく考えよう

1歳半くらいの1児のパパですが、常に「どうしたら子供が幸せになれるか」を考えています。まぁまだ小さいんで幸せになれるかっていうと大げさですが、どちらかと言うと「どうしたら子供が快適に過ごせるか」ってことに注力してます。規則正しい生活を心がけ、夜は19時台に寝かしつけしてます。妻が(笑)。天気が悪くない日以外は平日も必ず3人でお出かけしてます。僕は割と幼少期の親との接している時間が一番効果がありそうなので、なるべく一緒に過ごすように時間を投資してます。お金を投資してもいいし、時間を投資しても良い。それが子供ためになり、結果として自分のためにもなる。もちろん想像していたようなリターンが得られない場合もあるかも知れないが、問題なのは「自分が考えて正しく投資出来たのかどうか」なのである。