ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

子供と過ごす時間より妻と過ごす時間の方が長いからさ

結婚して子供が出来ると、当然子供中心の生活になるわけ(べき)だけど、僕は子供に時間を費やしながらも「子育てがひと段落したら妻と2人きりに出かけられるなぁ」って思いがあることに気づいた。子供はせいぜい20年ちょっとしたら、家から巣立つパターンが多いので、人生100年で考えると、その2倍近くもの時間を妻と過ごすことになるのである。

例えば25歳で結婚&出産

単純計算ですが、25歳で結婚&出産するとすると、子供が25歳の時に、夫婦は50歳。人生100年で考えるとあと50年残ってることになる。孫が25歳のとき75歳で、長生きすればひ孫が25歳の時に100歳となる。ひ孫の結婚式に出られるとしたらそんな素晴らしい人生はないだろう。

主人公は自分

子供中心になると世代交代って感じで、主人公じゃなくなる感じがしてしまう方が多いと思うけど、自分と妻を合わせたこの夫婦が一つの世代の、時代の主人公だと思った方が良い。次世代に遺伝子を残すという意識も当然大切であるが、「自分達が生きる」という意識はもっと大切だと思っている。子供を育てるというエピソードではなく、愛する人と人生を全うする物語なのだ。

共に老いることは最上級の特権だ

改めて結婚のメリットってなんだろうって思った時に、愛する人と共に老いることが出来る、相手の老いていく姿を間近で見ることが出来ることだと思った。

f:id:app_2:20191009014102p:plain

ほらたまに、樹齢何百年って木があるじゃない。江戸時代からここから見える景色をこの木は眺めて来たんだなぁって思うけど、それに近い感じ、出会ってからどちらかが死ぬまでを間近に見ることが出来るのは結婚した夫婦にしか出来ない。僕は妻を見てくれる樹であり、妻は僕を見てくれる樹なのである。