ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

立正佼成会のパンフレッドに割と良いことが書いてあったので今日から実践して行きたいと思う

あ、うちは無宗教です。でもまぁお墓参りしたり、神棚とかあるので一応なんか属してることになるんですかね。僕は長男じゃないから、お墓は自分で建てないとだから?時々「この辺にお墓建てたら過ごしやすそうだなぁ」って思ったりしながら散歩してます。日当たり良いとこがいいなぁ。

で、カフェのテラス席でヒーコー(コーヒーのこと)を飲んでいると、ウッドフェンスの隙間からにゅーっと手が出てきて(笑)冊子を渡されたんですよ。「よかったら読んでください」って。笑顔の素敵な品のあるおばぁちゃんでしたね。渡し方は品がないですが。反射的に「あぁ、ありがとうございます」なんて返して受け取っちゃったので、暇だったし読んでみることにしたんですよ。なんとなく名前だけは聞いたことありそうな「立正佼成会」のものでした。そしたら参考になりそうな心構えが載ってたので早速夫婦で「取り入れよう」ってなりました。それが、

名前をつけて感謝を伝える

ということです。基本的にいろんな宗教の根本、「幸せの法則」とか「引き寄せの法則」とか「宇宙の法則」だとか、そういった類の大元って「感謝」なんですよね。「ありがとう」って伝えると相手も自分もハッピーになれるんですよ。心理作用だと僕は思っていて、とっても簡単なことなんですが、若いうちに慣れて置かないと難しくなってしまうことなんですよ。うちは割と「ありがとう」とか「愛してる」がWiFi並みに飛び交っているので余裕なんですが、それをさらに効果的にする方法だと感じました。

blog.nurumayu.app

つまり、仮に、僕の名前が甚左衛門(じんざえもん)だとして、お風呂掃除をしてドヤ顔で妻の前に来たとしたら、妻は

「ありがとう!」

ではなく、

「甚左衛門(じんざえもん)さん、ありがとう!」

って伝えると良いってことです。実際に言ったり、言ってもらったりするとはっとするほど効果があるのでかなりオススメです。応用して子供にも「ありがとう」じゃなくて「ママ、ありがとう」って言わせるようにすることにしました。まだ1語しか喋れないので「ありゃと!」としか言いませんが。名前って呪いですからね。

食わず嫌いにならないで批判的な鵜になろう

「宗教!?なんかキショイ!!」ってまったく話を聞かない人がいますが、基本的に良いこととか、参考になりそうなことが多々あるので大いに受け入れるべきです。が、必ず「批判的な構え」が必要だと思っています。すぐに信じ込んでしまったりする人は、避けて良いと思いますが、批判的な考えで、自分の中でちゃんと判断出来るようであれば、というか判断出来るようになるためにもある程度受け入れていく方が人生楽しくなると思います。僕の中で宗教とかの教えは主に「心理的にどのような影響を与えるだろうか」とか「コストはどれくらいかかるだろうか」とか「継続出来るだろうか」とか「柔軟な発想に繋がるだろうか(一方通行の考えになってしまわないだろうか)」とかそこらへんを考えています。で、今回の「名前をつけて感謝をのべる」ってのは、コスパも良いし、心理作用も良さそうだし、継続出来そうだしって感じで即採用って感じです。

あ、あとですが、体調が優れない時とか、大失恋とか大失敗とかした後に多いんですが、そう言う時にやっぱり冷静な批判が出来ないんで、信じ込んじゃう場合が多いです。よく病気の方が怪しげな宗教に染まりきってしまうなんてことがありますがこれがそうなんです。いや、それじゃ絶対治らないから的なことも盲信してしまうんです。だから、体調が悪い時は情報を遮断しても良いと思います。もしくは信頼出来る人がいれば、その人にフィルタリングしてもらいましょう。相手にその判断もなければあなたが遮断してあげましょう。良き親、良き夫、良き妻、良き友がそのフィルターの役割をしてあげましょう。

あ、さらにですが、「なんでも一旦受け入れようぜ」的な感じになってしまいましたが、僕は自分の思考よりも「直感」の方に信頼を寄せているので、第一印象で「なんかやばそう!」って思ったら、突っぱねます。(払拭するには膨大な検証が必要になります。)これはなんなんでしょうね。仕草とか、目つきとか、まさにオーラと言えそうですが、そういうのから得た直感は割と正解するパターンが多いので、突っぱねると良さそうです。多分経験から来るので結局経験しないと得られない感覚ですが(笑)。

なんかメロンパン食べたくなってきた。 - 完 -