ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

呪いを喋る人の特徴

目の端と、耳だけすごいオープンにしてるんで、割とフワフワと色々な人の話とか行動を脳のどこかで見ながらカフェで過ごしてるんですけど、たまーに呪いみたいに喋る人がいるんですよね。少ないです。あ、あくまで僕の主観ですよ。

つい聞き入ってしまう

意外とハキハキ喋る感じじゃなくって、強弱がなくて単調な感じです。ぼそぼそ喋るって感じなのに割と聴きやすいんですよ。で、息継ぎをあまりしないので、一方的にずーっと喋れてしまうような人です。才能でしょうね。男性の場合はちょっと声が高くて、女性の場合はちょっと声が低いです。なんか特定の高さに入るのかな?

で、その人が愚痴ばかり言うとヤバイ

マルチ商法で稼いでいるトップ層とか意外とこういう「声」の人多い気がしますね。妙に納得しちゃうし、妙に反論出来ないし、妙に聞き入ってしまう。良いように使えば、すごく活躍出来るんですが、愚痴ばかり隣とかで喋り始めたらかなりヤバイです。「声」によって何倍も負のエネルギーを増幅させて襲いかかってくるわけです。例えば、暴れて声を荒げている人とかが、そばにいるとすごく不安になりますよね?それと同じような心理作用を普通に喋る感じで発言できる能力者がいるんですよ。

そんな時は耳を塞ごう!

カフェだとホイホイ席も移動出来ない(したくない)ので「うおおおやべぇええでも聞いちゃうううう」って感じなるので、すぐさまイヤホンを爆音にして遮断します。なんかドキドキしちゃうんですよね。そう言う人が愚痴とか話してると。僕は共感性羞恥もあるんで、影響を受けやすいのかも知れませんが。

blog.nurumayu.app

で、そんな人の天職

で、多分。弁護士とかお坊さんとかが向いてるんじゃないかしら。あとはマルチ。笑。