ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

性格は遺伝する

別に心理学者でも脳科学者でもないです。経験則で性格の半分以上が遺伝子で決まると思っています。ちょっと調べたらDaiGoが性格の半分は遺伝子で決まるってまとめてました。ソースが不明なのであまり信用しませんが。おそらく何かの論文から取ってきてると思います。

daigoblog.jp

親の育て方の重要度は低いように見えるが循環がある

って結論になるんですが、実際そうなんだろうなぁと思ってます。例えば優しさが遺伝子によるものなら、優しい親の子は優しい子になる訳なんですが、根本的に親が優しいんで結局育て方も優しい育て方になるんですよ。つまり、

親の育て方は遺伝子に影響を受ける

と言うことなんです。つまりこれって育て方を見れば親の遺伝子部分での性格が垣間、否、大半が見れる訳なんで、親の育て方=子供への性格って言っても過言ではないと思うんですよね。だから「育て方が悪い」ってのは=「親の遺伝子が悪いから子にもその影響が大きい」ってことになるんじゃないですかね。

優しい子に育てるには

(優しいことの是非はおいといて。)残りの性格部分は外的要因になります。つまり環境です。具体的な数値を仮に置くと全体を100として、

遺伝子で決まる部分が50
親の育て方がで決まる部分が10
(ただし、育て方は遺伝子のよって決まる部分が大きい)
外的要因によって決まる部分が40

のようなイメージになります。
ここであれ?ってなるんですよ。

外的要因ってどこで決まるんだ?

振り返ってみて欲しい。自分が育った場所は誰が決めたか。どこの幼稚園に入るとか、どこの小学校に入るとか、どんな習い事をするかなどなど。そう。親なんだ。自分でようやく選択出来るようになるのは、自立してからだ。もちろん子供に選択権を早くからた与える親もいるが、それも結局育て方になってしまう。自立したときはほぼ人格形成が終わっているので、そのあとの環境が与える影響は少ない。

運任せ

物理的な環境までは親が決めるが、その中身までは干渉しにくい。なので本当に巡り合わせが大きくなってしまう。なので、親としては「なるべく良い環境を」と思うのだが、中身の判断は正直難しいからある程度確率を上げた後は運任せになってしまう。

性格は遺伝する

つまり同じように全体を100にすると

遺伝子が50
親の育て方(遺伝子の影響大)が10
環境(親が選ぶ場所がベースなので遺伝子の影響大)が40になる

なーんだ遺伝じゃないか。あとの要因は運任せだよ。だから僕らが出来ることは、良い影響が出る確率がより高くなるように環境を選んだり、作ったり、変更したり、回避したりするだけなんです。後は本当に運任せ。縁なんですよ。