ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

親の援助の何が悪い

車を買ってもらったとか、家を買ってもらったとかで叩かれるみたいな話をよく聞きます。「社会人にもなって親から援助?」「いい年してまだ親のすねかじってるの?」とか。正直何が問題なのか分かりません。

若い頃が一番お金が必要

奨学金の返済とか、親への仕送りとか若い時期に無意味にお金で時間を取られてしまうケースがあります。正直時間の無駄です。親にお金があって、理解があるなら堂々と出してもらった方が良いです。お金があるから怠けてしまうというのは「お金があるから」ではなく育て方の問題です。

若い頃の時間が一番重要

とにかく、子供のためにお金で時間を買ってあげる感覚です。確かに必要な苦労はあります。でもね起業と一緒で、自己資金でどこまで行くのも大切ですけど、出資してもらった方が明らかにスピードが出ます。問題なのは、出してもらって出来た時間を生かせるか生かせないかなんですよね。とにかく社会人成り立てて「育ててもらったから毎月仕送りをする!」なんてのは僕からしたら愚の骨頂で、その仕送り分のお金で、本を読んだり、資格を取ったり、ツールを買ったり、勉強会に行ったりした方が何倍も有意義なものになるんです。社会人成り立ての頃が一番伸び代があると思っています。

親は子のスポンサーであるべき

スポンサーなので出資してもらったお金をわざわざ仕送りなどという形で返す必要はありません。スキルアップや成功、そして幸せが最大のリターンです。そしてそのリターンが最大になるようにお金は親の考えで惜しみなく出して良いはずなんです。

blog.nurumayu.app

もちろん子供が目指していた希望ではないとこに進んだとしても「お金を返せ」とか言ってはならないし、子供も返さなくて良いです。例えば医者になるって言って「医医学部」の学費を出したあとに「向いてない!やっぱり医者じゃなくて芸人になる!」とか言われても、学費を返せなんて言っちゃダメなんです。投資は自己責任ですから。ましてや、赤の他人に出資に関してとやかく言われる筋合いないわけなんです。

まぁ無い袖は振れないけどね。