ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

六本木のスタバのキッズコーナが神

2020年3月7日よりリニューアルしたTSUTAYA TOKYO ROPPONGIあらため蔦屋六本木の中を見てきました!キッズコーナーがあった場所に行ってみるとなんとさらにパワーアップしてました!

f:id:app_2:20200311234121p:plain

こんな感じです。
さらに階段下が秘密基地みたいになってます。

f:id:app_2:20200311234339p:plain

f:id:app_2:20200311234433p:plain

中は窓もないので暗くて落ち着きます。子供がいないとただの不審者になるので入る時は必ず子供と入りましょう。眠くなっても寝ちゃだめですよ。

f:id:app_2:20200311234609p:plain

これが朝7時から使えるだと。。。

こちらの蔦屋六本木は営業時間が朝の7時から24時までなので、(多分)朝の7時から24時までこのキッズスペースも使えます。まさに神です。特に雨の日なんかは屋根付きの公園なんてなかなかないですからね。ここに来て暖かい飲み物と一緒に子供とぬくぬく過ごせば幸せな気分になれること間違いないです。

靴をぬぐポジションがわかりにくい(どうでも良い)

全体的に小上がりになってるので、その下で靴を脱ぐのかな?っと思ったんですがそうじゃないみたいです。最近絵を描くのにハマってるので、絵を描いて説明しますね。

f:id:app_2:20200311235044p:plain

全体を上からみるとこういう感じですね。わかりますか?
で、靴を脱がないといけない場所は。。。

f:id:app_2:20200311235319p:plain

こちらの赤い部分だけです。小上がり部分は階段にもつながっており、2階にもいけるので靴をぬぐ必要はありません。当然子供は中央の凹みゾーンと階段下のスペースを行き来します。そのわずかな距離で靴を脱いだり履いたりは出来ないので、結局この付近が靴を履く大人と靴を履かない子供達で満たされます。最終的にはどこで靴を脱げば良いか分からず、階段下や凹みゾーンでも靴を履いて遊んでしまう子供が出現することでしょう。その時僕はそれとなく喚起したいわけですが、相手は目の色がブルーな男の子、僕のTOEICの点数は330点なので当然通じるわけもなく目の前で靴を脱いだり履いたりしてボディーランゲージで伝えたりして憔悴していく未来が見えなくもないですが、すごくいい感じです。

また遊びに行きます〜!