ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

松本次郎 女子攻兵を読んだ感想

みんな大好き松本次郎の漫画「女子攻兵」を読みました。最近松本次郎ばっかり読んでるんで松本次郎=時空とアイデンティティな感じが多いってことを理解しました。ただ、僕の理解力ではついていけないので雰囲気を楽しんでおります。

女子攻兵 1巻 (バンチコミックス)

女子攻兵 1巻 (バンチコミックス)

  • 作者:松本次郎
  • 発売日: 2012/09/01
  • メディア: Kindle版

最近LINE漫画でやたら村人のレベルが99とか、魔王が転生したとか、そんなんばっかりリコメンドされるんで辟易してたんですが、松本次郎の作品を読むとその世界観に没入出来るんですごく癒されます。僕のストレス解消なんです。

トリップ出来るおすすめ漫画としては、 松本次郎が圧倒的に1位です。 あとは、ぼくは麻理のなかなどで有名な 押見修造とか、 ピンポンの松本大洋とかもそこそこいいですが、松本次郎に比べるとあんまり入り込めないですね。相性の問題かも。あー旅したいって思った時は松本次郎の作品を読んで出かけます。

で、今回読みました。「女子攻兵」
「うわーネーミングやばたん」とか最初は思いましたが、案の定読めば読むほどその不思議な世界観に引き込まれる素晴らしい作品でした。

おっさんが女子高生型のロボットに乗って戦う漫画です

って今書いて、僕自身も「なんだそりゃ」って感じてるんですが、まぁ別にそこはどうでもいいんですよ。大切なのはアイデンティティとか自我という部分で、「おっさん」と「女子高生」のふたつの視点が存在してるってことです。おっさんが女子高生に染まってしまうのを精神異常として定義されていますが、読んでいるとあら不思議「あれ?おかしいのはどっちだ???」ってなるんですよ。

頭の中のおっさん

女子高生にとっては頭の中に小さなおっさんが入ってるわけで、おっさんからすれば大きな女子高生の中に入ってるわけ。どっちの視点から見ても異常なんですが、ふと思うわけですよ、おっさんの中にもおっさんがいるんじゃないか、そして僕の頭の中にも小さなおっさんが入って僕を操作してるんじゃないかって。でね、入ってるとして、「じゃぁ現実に戻りたいか?」って言われると戻りたくないんですよ。なぜなら僕は今僕視点であり、僕視点で見ている限りこの世界が現実だからです。でもいるじゃないですが、僕なのに僕じゃない視点で話してる人って。明らかに精神異常だと思われてます。でもそっちが現実の場合があるってこと。で、仮にその現実に気付いたとしても僕はもう戻らないだろうなって感じてるんですよ。今戻ったら本当に生まれ変わるようなもんですし、なによりこっちの世界の方が快適だからです。

という感じで、何言ってるかわからないですね。こう言う思考にズブズブはまっていく感じが最高なんですよ。松本次郎の漫画は。

なんか旅したいときに読むと旅に出れると思うのでおすすめです!

女子攻兵 1巻 (バンチコミックス)

女子攻兵 1巻 (バンチコミックス)

  • 作者:松本次郎
  • 発売日: 2012/09/01
  • メディア: Kindle版