ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

統合失調の義母 不思議なメール

前回の記事はこちら

blog.nurumayu.app

現在僕は統合失調の義母とメールでやりとりしてます。措置入院から数年経って退院したんだけど、未だに夫(義父)含め病識が無く、薬を飲んでいないのでまぁ8〜9割の確率で遅かれ早かれまたぶり返すと思ってる次第であります。というわけで今日は義母から来た不思議なメールの内容の一部を紹介したいと思います。そのまま載せると著作権的なあれ(あるいみ創作物なので)に触れそうな気がするので、大筋だけ捉えつつ所々書き換えてお伝えします。ちなみに一番長いメールで約7000字のメールが届きました。全て目を通しています。時々お洒落な表現もあるので、その都度唸ったりもしています。あ、まずはそのお洒落な表現を一つ紹介しましょう。

それ以来ずっと私は追われて来ました。光で表現したり。音で表現したり。猫に鳴かせるなど、姑息で執拗なやり方で追い詰められています。近所にまで付き纏われています。

うーむ。お洒落だ。これだけで素敵な小説の出だしとかになりそうですね。まぁ僕は本は読まないんで、漫画の出だしを想像しましたけど。統合失調の症状としてやはり、幻覚や幻聴、あと一番多いのは誰かに監視されているというパターンが多いですよね。その一種ですね。

またもう一節紹介しましょう。

話をまとめますと、私は職場の男性全員から誘われたことがあります。大変不快でした。私はふと消えてなくなりたいほど追い詰められました。子供が自殺された親御さん方とお話したいと思っています。

僕は統合失調の発症には必ずきっかけというものがあって、個人的には「トリガー」って呼んでるだけど、これは一発で発動するほどの強力なトリガーもあるし、じわじわ積み重なって発動する弱いトリガーもあるの。結構メールしてると男女関係の話があるんで、それがトリガーなのかなぁって思っているんだけど、如何せんもう何年も会ってないし、そもそも仲良くないし、メールしかしてないから答えは分からない。ただ一つの要素として「夫婦仲があまりよくない」ってのは関係ないとは思えない。勝手な妄想だけど、義父が不倫でもしたんじゃないかなぁとか思ってるの。大変失礼な話だけどね。ただ僕は妻を愛せない夫は生理的に嫌いなんだよね。

あともう一節だけ。

とにもかくにも私は病気ではありません。薬を貰っていないのが何よりの証拠だと思います。

通院してないからだろがぁあああ!(笑)
と、思いつつもとりあえず「それはお辛いですね」的な返しをしつつ僕の意見をちょこちょこと入れてるんだけど、まぁ焼け石に水って感じなのよねぇ。まぁ僕は義母の夫でもないし、一緒にも住んでいないし、焼け石に水くらいがちょうど良い対応だと思うのよね。とにかく僕は言いたいのよ。親世代が統合失調になったらさ「子供は全力で逃げなよ」ってこと。面と向かって対応出来るような出来た人間なんてそうそういないからね。亡き者と扱ってもいいよ。共倒れするより全然いいよ。とにかく次世代が幸せになってくれれば僕はいいのよ。だから基本僕はメール以上のことは現状する気ないし、妻には子育てに集中して欲しいから、義母とメールしてること自体内緒にしてる。でもね。僕が一番心配してるのは僕自身なんだよね。こう見えてキャパが広いからさ。これがオーバーしたら本当に修復が出来ないくらいボロボロになるんじゃないかって思ってるの。だからちょっとでも「疲れたなぁ」って思ったら全力で仕事を休んだり、一日中子供とイチャイチャして過ごしたり、だらだら漫画読んだりテレビみたり、ずーっとDIYしてる時もあるのよ。ガス抜きの技術に割と自信があるんだよね。住んでる地域柄、頑張り過ぎちゃって、うつ病になっちゃたりしてるパパさんとかいっぱいいるからさ。心持ちは細く長くなんだよね。(うどんの方が好きだけど。)