ぬるま湯やっほー

失敗は成功のもと

2021/11/28(日) 障壁を越える力

目標

2022年12月までの目標

  • トレードで絶対失敗しないつもりでたくさん失敗する
  • 月ベースで満足できるトレード結果を残す

f:id:app_2:20211129192910p:plain

今日のハッピー

  • トレードの練習した

明日すること

  • トレードの練習!

もう一つの力

例えば単純な話「勉強した方が成績良くなるからいいよね」とか「お菓子食べない方が太らないからいいよね」っと頭で考えたところで、実践できる人は限られている。もとよりそれに対する好奇心が強い、この例えで言えば勉強が好きとか、痩せることが好きならば苦労しない。問題は好奇心がない場合である。トレードにおいては「ここで損切りしないと。。。」っと頭で理解しているが、いつまでも動けない状態になる。もちろんこれは技術でカバー出来る。逆指値利用してあらかじめ発注していれば良い。貯金が出来ないならば、先取り貯金で簡単に引き出せない口座に入れてしまえばいい。日中どうしても値動きが気になってみてしまうなら。スマホもパソコンも持たないでちょっとした旅に出れば良い。

この技術は心の障壁を下げる技術である。

だがこれとは別の障壁を乗り越える力も同時に鍛えなければならない気がしてきた。これは私が普通の人より感情で動くタイプであるからである。これがアスペだと上記の障壁を下げる技術で全てカバー出来るが、そうでない人はここが最も苦労するとこではないのだろうか。なのでこの点に関しても常に意識をすると良いと思う。おそらくここが数億円で資産の伸びが止まるか止まらないかの境目になると思う。(100億超えてる人はだいたいアスペ)

例えばある「こうしたい」ことの心理的な障壁具合を100とすると、 まず障壁を下げる力で20までに下げたとしても、自信の障壁を乗り越える力が10しかなければ到達できない。

コスパとしては 「障壁を下げる力」の方が高いのでこれを中心に習得してもいいと思うが、後半の伸びを考えると「障壁を越える力」の方も同時に鍛える必要がある。昔のスポ根時代ははこの障壁を越える力しか注目しなかったために、多くの人が苦しみ、障壁を下げる力に着目されたのが昨今だと思う。

練習方法に違いがある。 まず「障壁を下げる力」に関しては、自己分析とルール(手法)作りが主なトレーニング方法となる。 自分がなるべくストレスを感じないルールを作成し、それを日々改良していく作業である。

そして「障壁を越える力」は、 上記で作成されたルールを守る力になるわけだが、基本的に「障壁を下げる力」が高まれば超えなければならない障壁が下がるので相対的に高まってると勘違いしがちである。現に最近読んでいたトデイトレードという本にも

似たような記述が書いてあった。私はこれを否定する。おそらく「障壁を越える力」が元々高い人に関しては、「障壁を下げる力」だけ鍛えればある程度の水準まで容易く到達するだろうが、そうじゃない場合はおそらく一生壁を越えられなくなる気がする。この部分は生まれつきで差があるため、低い人はさらに努力が必要。しかしこれは同時に才能のあるやつを飛び越えるチャンスである。

例えば株に向いてる奴は、
越える力50

向いてない奴は、
越える力30

だったりする。どちらも鍛錬によって100の障壁を20くらいまで下げる力を持っている。ここで両者は問題なく乗り越える。

しかし、次に

200の障壁が立ち向かってきた時に、両者共に40まで下げることが出来るが、向いてない方が越えられずに負けてしまう。
ここで、下げる方の技術にしか目を向けられなかったら200を30以下まで下げるちからを身に付けなければならないことになってしまう。当然下げる方の技術も0にすることは不可能なので、それに近い割合に近づくと急激に難易度が上がるだろう。ここで、数億で止まる奴と数百億まで伸びるやつの差が誕生するわけだ。

実はここに突き破るチャンスがあるんじゃないかと思う。 アスペは、訓練して習得したアスぺには勝てないんじゃないかと思うのである。

つまり 50のやつはいつまでも50止まりであるが、 30のやつは意識して訓練することで60くらいまでいけるんじゃないか。 そうすると300の障害が来た場合に、ついに後者が一枚だし抜けるんじゃないかと思うわけ。

私は天才のようにトレードに適した発達凸凹はないので、これは密かな楽しみなのである。何年かかるかわからないが数年、十数年、数十年かかるかもわからないが楽しみである。

で、具体的な練習方法だが、
これは障壁を下げる力の訓練方法と逆のことをすれば良い。

つまり障壁を上げてそれを乗り越える練習をするのである。

これはトレードで行うと必ず矛盾が生じてしまうので、トレード以外のことでやる。
例えば無意味な習慣を続けることであるよくはじめしゃちょーがやる「1年間肉禁止」などがそうである。
自分が好きなものをメリットもないのに禁止にしてそれを厳守するなど、言うなればドM(ドS?)になる訓練と言ってもいいだろう。

これは目に見えないし、成果もすぐに出ないので本当に障壁を下げる練習よりも辛いことになりそうだが、人生の後半というより終盤において一気に花が咲く訓練方法になる気がする。

最終的にガマン大会で優勝して優勝品のハワイ旅行行くのガマンするみたいな状態になれるといい感じ(笑)

f:id:app_2:20211129202035p:plain

トレードとは別のところで常に意識して身に付けて行きたいです。