ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

こっちは必死だけど向こうも必死だよって話

求人の応募かなと思って面接したら求人の営業された!ってパターンをちらちら見て、もちろん求人サイトの規約違反なんだけど、それで「貴重な時間を無題にしやがって!」って怒りたくなる気持ちも分かります。が、こっちも採用で必死なように、向こうも生きるために契約を取らなくちゃならないから向こうも必死なんですよね。必死vs必死な訳で、向こうも相手が怒るかも知れないって当然思っているし、契約率は低いだろうけどそれでも尚行かなければならない訳なんです。事前にオンラインでやりとりすれば良いと思っても、電話も出なければ、メールも読んでくれないから、求人に応募して営業をかけるみたいな事案が発生するんですよね。

ノルマが原因

当然相手が怒るようなことをすれば、今後一生お付き合いをしてくれないみたいな感じになってしまう可能性も高いので、なんて効率の悪い営業の仕方だろうなぁっと僕は思う訳ですが、これもノルマが課せられいてるからなんですよね。会社には売り上げの目標があり、それを達成するために営業にノルマが生まれる訳です。ここら辺がパワハラに繋がったり、自爆営業なんてのも生まれる訳です。

www.huffingtonpost.jp

ノルマをなくして歩合制にしよう

という訳でノルマをなくせば良いのかって話なんですが、そうすると腐敗してる組織だとたちまち売り上げが落ちてダメになりそうなんで、前年度に成績に応じて今年度の給与が決まる制度とか、成約件数に応じて報酬を与えるとかそういう制度が必要になってくると思う訳です。で、あれこれって結局

フリーランスと同じじゃん

ってなる訳です。がんばった分だけ給与がもらえるみたいな仕組みです。社員になった場合極端に言えば「何もしなくても」最低限の給与がもらえます。社会保険も半分払わないといけないので、企業にとってはリスキーですよね。だから、今後もフリーランスは即戦力ですし、足手まといになれば早急に契約を切れるので、今後も採択されケースが増えそうです。あれ?会社が正社員を雇うメリットってなんだ?

絶対おごっちゃう系男子の心理

割と最近は減って来てる気がしますが、絶対女性に対しておごっちゃう男子っていますよね。そうです。僕です。自慢じゃないですが、妻には学生時代付き合っていた頃から今までで1円たりとも出させたことがありません。100%僕が払っています。結婚してからはかかる全ての費用、例えば携帯電話代なんかも全部僕の方で払うようになりました。で、なんでそういう心理になるのかって言うを改めて考えてみたんですよね。

一緒に過ごしてくれただけでまじ圧倒的に感謝

デートでも食事でも、基本的に「僕のために相手が時間を消費してくれている」っていう発想になるんですよね。だからその対価として「ここは僕が払うよ。」ってなるんですよ。だからたまに家でプチパーティする時なんかも「みんな貴重な時間を使って僕の家で過ごしてくれた」ってなるんで、対価として全額払うわけです。だから僕の中で、もう売買が成立しているんですよね。

時間が一番貴重な資源

この歳(どの歳?)になるとやっぱり「時間」って言うものが一番貴重だなぁって分かりますし、常日頃からコストや利益に対して時間で割って、パフォーマンスなんかを計算しちゃうわけですよ。同時にコストや利益に対してお金で割って出すパフォーマンスも常日頃考えちゃうわけです。だから時間とお金は割とトレードしやすく、時は金なり的な言葉も生まれてくるのです。だから、時間を使ってくれた恋人や友人に対して、お金を払う(奢る)って行動に繋がるんだと思いました。

じゃぁ相手は?

この理屈を相手も持っていれば当然「いえいえここは私が」みたいな感じなっちゃいますよね。その場合は「今度誘っておごってください」みたいな返しが多いと思います。同等の考えの場合、呼んだ方が払うって感じですね。まぁそれでも折れない場合は、僕が折れますが、毎回どちらかがビシッとおごってくれた方が気分が良いので、先に僕が言ったら引いて欲しいですね。素直にありがとうでええやんか。

お互い気持ちの良い流れ

「奢るよ」

「わーいうれしい!」

とか

「奢るよ」

「ありがとうございます〜。次は私の方からお誘いします(おごります)ね。」

的な感じ。なんか財布を取り出すフリとかもめんどくさいのでやめて欲しい。

他人と比べるのはエネルギーの無駄だから

他の人の活躍って気になっちゃいますよね。僕も昔はそうでしたが、エネルギーの浪費を感じてしまって最近はまずSNSなど見ないようにしてます。

他人と比べるとキリがない

同期ですごい売れている人とか。この辺見てくと上には上がいて、どんどん自分が「劣る」という気持ちが強くなってしまいがちです。まずは自分と相手が登っている山、というよりは競技が違うということを認識すべきです。自分と相手はまったく違う人間なので差が出て当然なのです。自分がサッカーをしているとすれば、相手は水泳をしてたりするんですよね。業種が一緒だからって、

素直に祝福出来るように

もしもそういう人を見ないと行けない時は心から祝福しましょう。会った時に祝福する気持ちが芽生えない時はまだ自分の準備が出来ていないので、しばらく会わないようにしましょう。まずは自分と他人は違う事、そして自分の現状を認めて上げる事で、他人の素直に受け入れられるようになります。

余計な情報は遮断して良い

SNSも必要なければ見ない方が良いです。というかやる必要もないです。そして例え自分が自慢できるような境遇にあっても自分から発信することは辞めときましょう。優劣を比べてしまい安くなってしまいます。

結婚したくても出来ない人は向上心があるのかも知れないと思った

結婚出来ない人との特徴じゃないけれど、なんとなく周りのそういう人を見ていると向上心がある人ほど結婚しない気がして来ました。

現状に満足出来ない

常に前をみる感じです。とにかくより重要な仕事がしたいし、新しいことにもチャレンジしたい。仕事への満足度も「満足」と言うよりは向上心的な意味で「不満」を口に出すことが多いように感じた。

もっと良い相手がいるんじゃないか

良く言えば「向上心がある」で、悪く言えば「不安定を求める」っていう傾向があるわけで、たとえ良いパートナーと付き合っていても「もっと良い相手がいるんじゃないか」「この相手で本当に大丈夫なのだろうか」そんな風に考えてしまう。逆の場合は「これ以上の幸せはありえない」と考るわけです。つまり、

求めるものへのハードルが低い

これって自己肯定感も関係してくると思うんですよね。幸せへのハードルが低いって事なんです。それが良いのか悪いのかは分かりませんが、ちょっとしたことで「幸せだなぁ」って感じられる人の方が早く結婚する気がしました。もちろん、そういう方って現状に満足出来ますから、出世欲が弱かったりするんですが、精神的にかなり安定しているってメリットも上げられると思います。

今の自分を受け入れることで他人も受け入れられる

自分の現状を悪く思い向上しようとすることももちろん大切です。でも、そればっかりだと気が休まりませんよね。だから現状に満足することも大事何です。

komachi.yomiuri.co.jp

彼女にフラれて、自暴自棄になってる方です。借金もなく仕事もしているので、僕なんかから見れば十分幸せじゃないかと思うわけですが、不幸な部分にしか目が行かなくなってしまうんですよ。まずは自分が持っている部分に注目して感謝することで、未来は明るくなると思います。五体満足で生まれた事だって良いし、仕事があること、上司がいる事、毎日ご飯が食べられる事。決して自分より不幸な人を考えたり、自分より恵まれている人を見てはダメです。あくまで自分で今与えられているものを絶対的に評価し、感謝しましょう。もしも結婚がなかなか出来ないと悩んでいる方がいたらこの辺の心のトレーニングをすると良いと思います。神社でお参りするとか、日記に書くとか、そんな中でちょっとした幸せを形に出して行けば割とすぐに得られるスキルだと思います。

アンケート書いてもらえないと帰れないんですよぉって絡んできた営業さんへ

不動産関連の営業で、まぁノルマがあるんでしょう。割と泣き落としみたいな感じで、「アンケート書いてくれませんか?書いてくれないと僕今日帰れないんですよぉお」って絡んでくる営業さんがいました。年齢は僕と同じ20代後半くらいだと思いました。

営業は本当に甘くない

僕は営業職ではないですが、営業の方がいる環境で働いたことはよくあるので客観的に見てかなり大変そうだなぁって思いました。嘔吐しながらフラフラになってまで働く女性営業とか、突然出社しなくなって親が退職届を持ってくる女性営業とか、どんどん体調が悪くなって最終的にすべてを投げ出して辞めていった男性営業とか、そういう方を間近で見てきたので大変さは理解しています。というかだいたい体を思い切りぶっ壊すのは営業職ですからね。

必死に追いかけると客は逃げる

昔、結婚式場を探してる時に、ゲストハウスみたいなとこで話を聞いた時の担当女性がまぁすごい熱心な人で、出身校を僕から聞き出すと、そのあと式場の見学だったんですが、その学校の写真とかをプリントアウトして飾ってたりしたんですよね。まぁ会社全体の方針かも知れませんが、正直ドン引きでした笑。そのあと、好きな食べものも聞かれたんですが、帰り際にそれに近い料理を出してくれました。これも正直ドン引きでした。こりゃないわーと内心思っていだんですが、そのあと「満足しただろう」って感じで、「たまたまキャンセルが出た」とか「今予約したら割引になる」的な常套句が飛び出て、正直ボロが出るまで逆に問い詰めようかと思いましたが「検討しますねー」的な感じで流しました。そのあと「黙り込んで悲しそうな表情をする」という、マニュアルだとしても人間的に嫌いになりそうでした。笑。帰りたくても帰れない雰囲気を作り出し、なかなか帰れずにすごい時間をとられてしまって、しかもこれが最初の式場の見学だったんで「結婚式場て全部こんな感じなのかなぁ」と思って、とっても悲しくなる始末(そんなことはなかった)。フォローするとこの営業の方は残念極まりありませんでしたが、式場のスタッフさんはすごく良い感じでしたよ。他の人の式の最中に、邪魔にならないようにように見学したんですが「あ、このゴミ拾った方がいいなぁ」と思ったやつとかもすぐ拾ってましたし。営業の方はその近く通過しても何もしなかった。そりゃそうだけどね。普通の人は営業もスタッフも同じグループとして考えるでしょ。このあたりで「あーこの人結婚式を挙げてほしいんじゃなくて、売り上げ作りたいだけなんだな」って思いました。まぁ全部行動がそれっぽくて嫌だった。

高価なものほどゆっくり考えたい

数百万円の結婚式ですらそうだったんですが、今回の出会った不動産の営業の方はさらに慎重になるべきだった。もちろんノルマを達成するために焦っていたのかも知れませんが、例え家を買いたい!と思っても、こんなにバタバタ慌てて必死な人に相談なんかしたくないって話ですよ。本当に全く。一軒家なんて都心だと狭くて安くても6000万円はしますからね。舐めるなって話ですよ。そんなお金ないし笑。

この人と繋がって置きたい思わせれば勝ち

とりあえずアンケートを書かせるノルマなわけですけど、「あーこの人なんかちゃんと相談できそう」っと思わせれば今家を買う予定が全くなくても「いまのうちに繋がって置こう」って思うわけですよ。喜んでアンケート書きますよ。泣き落としってなんだし。何も生産的なことが起きないじゃないか。だったら上司に怒られて泣いた方がましだよ。本当にもう。で、僕みたいなちょっとひねくれた人から、具体的にどうやったらアンケート書いたかなって話なんだけど、結構参考になると思うから全国の駆け出しの営業さんは大いに参考になると思うから読んでください。

面白い話をする

これ。本当に一瞬で笑わせられれば、僕は「あ、すごく頭の良い人なんだ」って判断します。なので、僕の方から名刺下さいって言います。人を笑わせるってかなりホスピタリティー(思いやり)と頭の回転の早さがないと出来ないんで、それが瞬時に出来れば「頼りになるかも」って思えるわけです。学校で面白い人がモテるのと同じですね。前、浅草の人力車の人でずば抜けて面白い人がいたので、僕の方から名前をお聞きしました。今度乗るときはあなたにお願いしたいですって。(結局乗ってないですが笑。)

子供をかわいいと褒める

ベビーカーで子供を押してたのですが、一切触れなかったですね。一番攻めやすいポイントだと思うんですが。家って基本子供の成長に合わせて買うと思うんですけど、僕も子供が小学生くらいになったら家かマンションを買いたいと思ってるんで、そのへんに触れればば良いと思います。「可愛いですねぇ。よかったらおもちゃ配ってるんで受け取って下さい。」って子供に渡しちゃえばいいんですよ。それで子供が喜べば「あーお礼にアンケートくらい書くかぁ」ってなりますし、少なくとも子供が眺めている間は足が止まります。「今ご購入の意志がなくとも、今後のために内見すると良いですよ。」とか「お子さんと一緒に見学に来てみませんかとか。走り回らせても大丈夫ですよ。」とか。「子供の人数に応じた部屋の間取りのアドバイスとか出来ます(例え出来なくても)のでよかったらいかがですか。」とか。とにかく気分良くさせるのと、繋がって置くとメリットがあるぞ感を出すべきだしたね。結局今日あった営業さんは何言ってるか正直分かりませんでした。

反復あるのみ

とまぁ机上の空論を述べてるわけですが、とにかく数を当たって検証するしかないですね。ダメだったお客に関しては潔くすぐに引いて、次に当たった方がいいんじゃないですかね。泣き落としなんてもっての他ですよ。なんかすぐに購入に結びつくものだったら有効かも知れませんが、泣き落とされて家を買う人はいないですからね笑。ノルマ達成出来なくて泣きながら帰ったっていいじゃないですか、それが今のあなたの実力なんだから。負けを認めて24時間仕事に没頭すれば良いと思いますよ。そうすれば絶対糸口が見えてくるはずです。本当に、本当に気をつけてほしいのは検証しないことです。ダメだった場合も成功した場合も、なぜ失敗したのか、なぜ成功したのかっての反省しないとダメです。一部の天才はこの過程をすっ飛ばして、数だけこなせば身につきますが、今日会った人や僕みたいな凡人は、とにかく頭を使って反省しないと成長に結びつかないんです。営業力もプログラミング能力も。改めて、僕も気が引き締まる体験でした。

泣き落としで成約なんて、百害あって一利なしですよ。お互い頑張りましょう。

仕事中心か家族中心か

TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020の第15話を見て思ったこと。

www.netflix.com

翔平が自分の仕事観について話してたことなんですが、自分は「家族が第一」だって話。

家族中心の考えで働くこと

仕事に時間を費やすより家族に時間を費やしたい派のことだと思いました。仕事は家族が生活出来、家族と過ごすための手段(道具)でしかないという考えです。ちなみに僕も全体的にそういう発想だって気づきました。まぁ結婚しているとか、子供がいるとかそういうステージによっては考えが変わることもあると思いますが、僕は割と結婚する前から、仕事よりは生活に中心に置くような発想だったと思います。

仕事中心の考えで働くこと

上記の逆です。仕事を生きがいにしている派です。とにかく出世欲が強かったり、大きな成功を望むでしょう。休日も仕事のことでメモリの大半を割いているような人です。

どこに重心があるか

って感じなんですが、結局割合の問題であり、どっち寄りに重心があるかどうかなんです。◎が自分の位置だとして、

仕事━━━━━━━━│━━━━◎━━━家族

という人もいれば、

仕事━◎━━━━━━│━━━━━━━━家族

という人もいる。
同じ「仕事中心!」って人でも、

仕事━━━━━◎━━│━━━━━━━━家族

これくらいの位置の人もいるし、 同じ「家族中心!」って人でも、

仕事━━━━━━━━│━◎━━━━━━家族

これくらいの人がいる訳です。もちろん重心は自分の年齢や環境によって変化していくでしょう。

この重心が近いと会話が合う

のだと思いました。似たような家庭環境の方が話が合いやすいのは当たり前ですよね。テラハの話なんですが、翔平の話に対してスタジオメンバーがほぼ全員否定的な感じだったんで、彼らは仕事に重心が寄っているんでしょうね。僕とか妻とかは「いい考えだね」って感じだったんで、翔平とこの重心が近いんだと思います。

夫婦間の重心

同様に夫婦感もこの重心に乖離が少ない方がうまくいく気がしました。夫が仕事100%で、妻が家族100%だったらやっぱりお互い意見が食い違ってしまいますからね。妻が夫に寄り添って、仕事(夫の)を重要視してくれればバランスが取れるでしょう。

仕事━━━━━━━━│━━━━━━━━家族

こちらの空のグラフを置いとくので、カップルとか夫婦の人は、どのへんに重心があるかせーので指差ししてみてはいかがでしょうか。

見逃し三振より空振り三振は間違っている

よく「見逃し三振より空振り三振」ってのを座右の銘に掲げている方おりますが、意味を履き違えている人がいるので気をつけましょう。

目を開け

野球に例えるなら、目をつぶって練習するようなもんです。絶対に成功しません。必ず球を見て、当てようとする必要があります。毎日バッティングセンターで2時間練習しています。でも全部目をつぶってます。そんな人が成功すると思いますか。確かに必ずフルスイングは出来るでしょうけど笑。

無駄な努力はある

もちろん「行動が全て」です。ただ鵜呑みにしては行けません。仮説を立ててから行動し、行動の後は必ず検証する必要があります。たまーに、ここら辺の過程をすっ飛ばして行ってしまう天才はいますが、我々凡人はとにかく頭を使う必要があるのです。そして検証には膨大なサンプルが必要になります。なので側から見ると、成功者はとにかく、がむしゃらに時間を費やしてるように見えますが、内部で何度も何度も仮説立てと検証が繰り返し行われているのです。

動いていなくても動いている時がある

なので「あえて見送る」という場合もあります。コースを見て、確かにバッドに当てることは出来ると感じますが、予想でボールコースだと思った場合、毎回振っていては検証し辛いです。勝ち辛い相手の場合コースがストライクゾーンだとしても、あえて球を見送って検証をする場合もあるでしょう。これはビジネスや仕事でも同じです。待つのも仕事であり、休むのも仕事なのです。なので見逃し三振でも、その行動が大いに役立っている場合もあるわけです。だからこの「見逃し三振より空振り三振」という言葉自体を鵜呑みにして「とにかく動かなきゃ!」と焦っては行けません。

バッターボックスに立て

これが何より大事です。結果、見逃し三振でも、空振り三振でも、自分の中で仮説と検証が出来ればそれでいいんです。とにかくバッターボックスに立つこと。それが大前提です。そして検証することが出来て、初めて行動したと言えます。
例えば、僕はアプリを作るプログラマーですから、この場合、バッターボックスに立つということは、アプリを作ることです。そして行動すると言うことは、実際に運用しユーザー数や売り上げを追いかけていくことや、アクションからさらに使い易いUI/UXを研究することになる訳です。プログラミングを勉強しただけでは、バッターボックスに立つことすら出来ないのです。アプリを作りましょう。
もう一つの例で、「英語が話せるようになりたい」という目標があれば、バッターボックスに立つのは英語を勉強することではありません。外人の前に立つことです。そして会話をすることが行動することになります。ただ筆記テストで良い点をとっても一度も外国人と話したことがなければ、意味がないのです。逆に勉強してなくても、外国人と毎日話していれば自然と会話が出来るようになっていくでしょう。

まずはバッターボックスに立ちましょう。