ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

親の援助の何が悪い

車を買ってもらったとか、家を買ってもらったとかで叩かれるみたいな話をよく聞きます。「社会人にもなって親から援助?」「いい年してまだ親のすねかじってるの?」とか。正直何が問題なのか分かりません。

若い頃が一番お金が必要

奨学金の返済とか、親への仕送りとか若い時期に無意味にお金で時間を取られてしまうケースがあります。正直時間の無駄です。親にお金があって、理解があるなら堂々と出してもらった方が良いです。お金があるから怠けてしまうというのは「お金があるから」ではなく育て方の問題です。

若い頃の時間が一番重要

とにかく、子供のためにお金で時間を買ってあげる感覚です。確かに必要な苦労はあります。でもね起業と一緒で、自己資金でどこまで行くのも大切ですけど、出資してもらった方が明らかにスピードが出ます。問題なのは、出してもらって出来た時間を生かせるか生かせないかなんですよね。とにかく社会人成り立てて「育ててもらったから毎月仕送りをする!」なんてのは僕からしたら愚の骨頂で、その仕送り分のお金で、本を読んだり、資格を取ったり、ツールを買ったり、勉強会に行ったりした方が何倍も有意義なものになるんです。社会人成り立ての頃が一番伸び代があると思っています。

親は子のスポンサーであるべき

スポンサーなので出資してもらったお金をわざわざ仕送りなどという形で返す必要はありません。スキルアップや成功、そして幸せが最大のリターンです。そしてそのリターンが最大になるようにお金は親の考えで惜しみなく出して良いはずなんです。

blog.nurumayu.app

もちろん子供が目指していた希望ではないとこに進んだとしても「お金を返せ」とか言ってはならないし、子供も返さなくて良いです。例えば医者になるって言って「医医学部」の学費を出したあとに「向いてない!やっぱり医者じゃなくて芸人になる!」とか言われても、学費を返せなんて言っちゃダメなんです。投資は自己責任ですから。ましてや、赤の他人に出資に関してとやかく言われる筋合いないわけなんです。

まぁ無い袖は振れないけどね。

MacにVirtualBoxがインストール出来ないとき

MacOS Catalina 10.15.2です。
インストールしようとしているのはVirtualBox 6.1.2です。

www.virtualbox.org

公式サイトからDLしてインストールしようとしたのですが、エラーが出てしまいました。

f:id:app_2:20200211091627p:plain

インストールできませんでした。
エラーによってインストールできませんでした。ソフトウェアの製造元に問い合わせてくだい。

とな。というわけで解決方法。

システム環境設定から許可する

f:id:app_2:20200211091946p:plain

システム間環境設定 -> セキュリティとプライバシー と選択すると、下の方に「開発元"Oracle America, Inc."のシステムウェアの読み込みがブロックされました。」と出ています。なので左下の鍵を外して、許可してあげましょう。

f:id:app_2:20200211092159p:plain

そしたらもう一度インストールしてみましょう。

f:id:app_2:20200211092345p:plain

やったね!

動物園で蝶々を見ても良いじゃないか

この前、ズーラシアに行った時の話。

www.hama-midorinokyokai.or.jp

前の親子がライオンのゾーンに近づく時だったんですが、蝶々が飛んでたんですよね。どこにでもいるモンシロチョウだと思います。で、3~4歳くらいの男の子が言うわけですよ。

「見て見てちょうちょ!」

って。 指差す方向に蝶々がいました。「ほんまやぁ蝶々やなぁ」っと思って僕の子供にも「蝶々おるでぇ」って教えてあげたんですが。その男の子のパパが言うわけですよ。

「あほか、高い金払ってるんだから蝶々なんてどうでもいいわ!ライオン見ろよ!」

って。
は?って思いましてね。いやどうなんでしょうね。すごくここは難しい話なのかもなぁって思うんですよ。僕はね全然蝶々見てもいいと思うんですよ。ライオンも蝶々もどっちも五分の魂でございますからね。どっち見て感動してもいいじゃないですか。ちなみに僕の子供はなぜかバクにハマり、その観察に体力の大半を使い、あとはベビーカーで流し見となりました笑。

【太洋産業】SM072 ぬいぐるみ バク

【太洋産業】SM072 ぬいぐるみ バク

  • メディア: おもちゃ&ホビー

今子供が夢中になってることを応援する

ていうスタンスなんですよね僕は。分かります。親としてはライオンを見せてあげたいんですよね。ただ、その子供は蝶々を見つけてしまったんです。嬉しくなって、みんなに共感して欲しくて大きな声で教えてくれたと思うんですよ。それなのに、親が「いやいやライオンを見ろよ」なんて言ったら、萎縮しちゃうと思うんですよ。

僕の場合は、動物園に来てもアリさんの行列が気になったら、飽きるまでそばにいてあげます。うちの子は前にどこかの有料公園で、僕がチケットを買ったあとに、その入り口の金魚鉢を大層お気に召したようで、ずーっと見て結局公園に入らなかったパターンもあります笑。親としては確かに公園の方が楽しいような気がするんですが、今せっかく夢中になってるものを無理やり奪うのはどうかなぁと思うわけですよ。またくればいいじゃないですか。飽きるまで金魚鉢見たんで、次は入ってくれると思いますし。

エンタメに優劣はない

確かに相対的に金銭的価値の優劣。つまりチケットの値段とか。ものの希少価値などははあるでしょうが、その人が今夢中になってるものがその人にとって最上位なんじゃないかと思うわけです。ディズニーランドが最上級の人もいれば、花屋敷が最上級のエンタメの人もいるわけです。それと同様に、ライオンより蝶々を見ることがより優れたエンタメだと感じる人もいるはずなんですよ。動物園でライオンが見たい!って子供が言ったとしても、途中で興味が動物園と全く関係ないものに移っても尊重すべきだと思うんですよね。

みなさんどう思います?

痛いの痛いの飛んでけは間違い

最近ふとおもったのです。まだ子供が喋れない年齢なんですが、一番重要なのは「共感」することだなぁっと。嫌なことがあった時はすぐ態度に出ます。その時は必ずぎゅーっとハグして「嫌だったねー」とか「痛かったねー」とか「もっと遊びたかったねー」って言います。すごく幸せな時間でもあります。そうすると、大体納得して、次の行動を取ってくれます。特に公園とかで帰る時とかは、用事があるから移動して良い?って聞いて、それでぐずったらハグして「もっと遊びたかったねー」「パパももっと遊びたかったー」とまず共感を示してから「でも、これこれこういう理由で移動しなきゃいけないの。ごめんね。移動しても良いですか?」ってギューしながら聞くと、ほぼ100%の確率で歯を食いしばって「うんっ」と言ってくれます。(その度に涙が出そうなくらい感動してます笑。)で褒めちぎりながら移動してます。あ、本題。

いたいのいたいのとんでけ〜って間違ってない?

いやまず飛んでかないし。お前は催眠術師か。ほうら飛んでったー!じゃないよ。どこに飛んでったんだよ。何言ってるんだ?D4Cラブトレインか。

で、僕が思う正しい方法。
まず共感する。「痛かったねぇ」ってね。あざになってたり、擦りむいて血が出てるんだったら痛いに決まっているだろう。「これくらい痛くないよ!」って言うのは本人であり、親じゃぁない。ほいで、そのあと具体的にキズパワーパッド貼って、

(どうでも良いけど私。水とかで汚れをとって、キズパワーパット貼っとくのが最強に綺麗に治ると自負しております。キズパワーパット最高!)

「偉いねぇ(水で洗ったり、キズパワーパット貼るのを我慢できた意味で)」「これで一安心だよ」「数日すれば治るよ」などなど言えば良いと思ってます。

子と親の感覚がズレるのがかなりやばい(と思っている)

一番問題なのは、子供が痛がっているのに親が「それくらいたいしたことないよ!」「そんなの痛くないだろ!」とか言っちゃうと(特にパパさん)子供が内心「いやいや痛いのに何言ってるんだ?」「僕の感覚はおかしいのか?」「この痛みは訴えるほどの痛みじゃないのか?」とか錯覚したり不信感を覚えてしまうのではないかと思っています。

なのでどうしてもこのフレーズを言いたい時は、タイミングとしては、キズパワーパットを貼る瞬間ならあまり問題ないかと思いますが、その前に必ず痛みを共感してあげる必要があると思います。


そえば、前に書いたこれとも内容が近いなぁ。 blog.nurumayu.app

子供が出来てから部屋の綺麗さを保つのが難しくなった

まず大前提としてね、余裕があるから部屋が綺麗なんじゃなくて、部屋が綺麗だから余裕が生まれるってことは僕の中で理解しております。そうなんですよ。だから忙しくても部屋を綺麗にすれば精神的にも肉体的にも余裕が生まれるはずなんです。

子供が散らかすと言っても

小さいお子さんがいる人はわかるでしょうが、掃除しても子供が瞬く間に荒らします笑。なので、モチベーションが下がると言うか、どうせすぐ散らかるしなぁって思いがちなんですけど、やっぱりすぐ散らかるとはいえ、いっぺん綺麗にすればなんというか下地というか根底の部分は結構綺麗になってるなぁって思うんですよ。何言ってるか分かります?笑

がんばって綺麗にした方が疲れない!

自戒を込めていうんですが本当にその通りなのです。今日久しぶりにお花を買いました。いっぺん枯れたあとしばらく買わずに花瓶が干からびてたんですが、買い物のついでに買って飾ったらあら不思議、すごく癒されるんですねぇ。同じようにトイレも毎日掃除する!とか言って放置気味だし、観葉植物に葉水をするとか言って、もう数ヶ月してませんし、洗濯物は畳まず袋に詰め込んで隠しております笑。もちろん体力的な面で子育ては非常に疲れるんですが、その疲労度を加速させてる可能性があるという意味です。特に綺麗なことにこだわりがある人は第一優先に掃除をしても良いかも知れません。ちなみにうちの子は2歳前ですが、僕が掃除機を取り出すと対抗して、絨毯コロコロを取り出します。かわいい。

太ることにも言える

スマートで健康であることが一番効率が良いことはわかっているんですが、ついつい食べすぎて太ってしまうという状況に近いです。短期的な報酬にばかり目が行ってしまうんでしょうね。これは疲労度に起因してる気がしますが、その疲労度を加速させるのが結局その体型だったりするわけです。まさに負のスパイラル。

打破するには?

これも自戒を込めております。よく寝ることです。子供が小さいと授乳で起こされるんで、本当にしんどいと思いますが、睡眠の質をあげることに注力してください。気温、湿度、寝具、照明などです。ここはお金をいくらかけても損しないと思います。さらにテアニンもオススメです。僕は寝る前にテアニンを食べてます。テアニンは自律神経を整えるので質の良い睡眠が取りやすいです。

多分今割とブームで、マツキヨとかに行けば錠剤だったりドリンクだったりで簡単に手に入ると思います。なんだか寝足りないなぁって思うような日がどうしても続いてしまう場合はお試しください。

がんばるぞー!

夫婦で何をしている時が楽しいか

夫婦で何をしている時が楽しいかって言うのは多分その家庭それぞれだと思うんで、頼まれてないけど、うちの場合の説明しますね。

会話している時

一緒に散歩でも動画でも見ている時に喋るのが好きです。仕事中以外で二人でいる時は基本ずっと喋ってます。ベビーカーに乗せて子供のお昼寝させるんですけど、歩きながら会話している時が一番幸せかも知れないです。話してることはすごくたわいもないことで、新しいビルが建ったら前はなんだったっけ?とか、そういえば昔ここ通ったよねぇ〜その時は〇〇してたよねぇとか、そんなレベル。まぁきっかけはそういうレベルで、そこから派生して学生時代の話だったり、あんまり会えなくなった友達が今何してるかなぁとか妄想に更ける感じです。

食べ歩きしている時

上と似たような感じなんですが、二人とも食べ歩きが好きです笑。横浜中華街とか、築地とか、戸越銀座とか、浅草とか、なんか食べ歩いていい感じの場所は特に好きです。二人とも舌が肥えてないんで、だいたいなんでも美味い!っていうのがさらに最高です笑。まぁ結局食べながらお話しまくってるんですが。子供がまだ小さいのでここら辺が少し難しくなったので頻度が落ちてますがよく行ってます。

家で別のことをしている時

僕がパソコンをして、妻がマンガを読んでいるみたいな状況もすごく楽しいです。まぁ家が狭いってのもあるんですが、お互いが目が届く位置で別のことをしています。これがなんだかとっても幸せな気持ちになれます。

楽しくない時は

じゃぁ逆に一緒にいて楽しくない時ってあるか?ってとこなんですが、今考えても出てこないですね。まぁしいてあげるなら怒られてる時とか?笑。

無視されたから無視する親

子供に無視されたから親も無視してさ「無視されたらどれだけ悲しいか分からせる」みたいな教育方法をたまーに見かけるんですけど、いやいやそれはないでしょうよ。

親という役割を果たせ

叩いたから叩き返すみたいなことなんですけど、これって兄弟とか友達同士でやることであって親と子でやることじゃないし、どんな状況でもそのロールを親が買って出る必要性があるパターンなんてないと思う。

受け止め会話せよ

まぁ脳に異常がない子供なら無視することに100%理由があるわけで、まずそれを突き止めなきゃいけない。本人が口を割らないなら頭を使ってありとあらゆる可能性を考えないといけない。

急に子供が母親を無視するようになった

小学生高学年の子が急に母親を無視するようになったって話があって、母親は原因が分からなかったんだけど、何度も何度も話をした結果、実は母親が夜中に父親に娘の苦手な部分を語るとこを聞いてしまったらしい。それが原因だった。深く謝罪することで、二人の関係は無事回復したわけだけど、同じように無視し返すみたいな対応をとったらまぁ悲惨だろうね。言い返せるような気の強い子だったら良かったけど、そうじゃなければ「やっぱりママは私のこと大嫌いなんだ」で深い溝が出来てしまうよ。もちろんこの先何度も修正ポイントがあるとは思うが、この発送じゃ溝をさらに掘り下げるに違いない。

親であれ大人であれ上機嫌であれ

子供の安全基地になるように常に親としての愛を持ち、大人のように紳士であり、感情にさゆうされず常に上機嫌でいられるようにがんばれぇええ