ぬるま湯やっほー

アプリ作って生活しようと思ってます。

子育てに不向きな夫達

相手の気持ちを汲み取るってのが大事で、ちょっとした表情から多くの情報を読み取らなければならない。ただ夫っていうか男っていうのはそういうのがすごく苦手なタイプが多いよね。これはどうなんだろう一種の才能というか向き不向きがあると思うんだが、ある程度の水準までは努力次第で到達出来るんじゃないかなぁと思ってはいる。

公園にいた3歳の女の子の心理

僕が上の子と公園に遊んでたら3歳と自称する女の子に絡まれました(多分4歳に近いと思う。)。おしゃべりが好きなようでよく喋ってましたね。鬼ごっこしようとか、ブランコしようとか。でまぁ放置子っぽい感じなのかなぁと思ったんですけど、両親そろって来てたんですよね。パパ&ママで。ただママは2〜3ヶ月くらいの赤ちゃんを抱っこしてました。夫婦そろってベンチに座ってます。

で、「〇〇するからここで見ててね〜」とかすごい言うの。でさ。僕なんかは勘が良いから「あー下の子にママが取られてるからかまって欲しいんだな」って思いました。なので自分の子供と絡めながら可能な限り一緒に遊んであげました。途中「ママ」というワードは出てきましたが、下の子の話をしたり、パパのことを呼んだりしませんでしたね。この辺である程度信頼関係が見えてきます。あんまり構ってないんだろうなぁとか、接し方が良くわからないんだろうなぁって。

パパこっちこいや

とにかく子供が「えっへんすごいでしょ!」ってなったときはベロベロに褒めて良いと思います。自己肯定感が高まりますから。だからとにかく僕は成功しようが失敗しようがトライして見せてくれたことに対してはオーバーリアクションで褒めます。その女の子は鼻はカッピカピでしたが、とても素敵な笑顔をしてくれました。で、僕の持ってきたおもちゃでも遊ぶようになって、その段階でようやく母親が来ました。多分下の子で疲れてるんでしょうね。ママの疲労感が凄かったです(笑)。で、ブランコなんかに乗ったら、「ママ押して〜」って言うんだけど、ママも疲れてるんでしょうね「もう3(4?)才なんだから自分で出来ないと」ってさ。まぁ結局ママがブランコ押すんだけどさ、これは別にブランコこげないから押して欲しいんじゃなくて、押して欲しいから押してって言ってるんだよね。で、ママはともかくパパさんこっちこいや!あんたの仕事や!ママのかわりに子供を抱っこしてあげるか、お前が押せやあああああ!とか思いながら僕はニコニコしてました。いつもニコニコしてる人って内面何考えてるか分からないから怖いですよね(笑)。

自分に出来ることを探そう

最終的にこっちが先帰ることになったですが、「女の子は家まで一緒についていく!」となって本当に途中までついて来たところでパパが泣き喚くのを静止して回収となりました。これは二人目にママの体力が奪われて、上の子のケアが出来ていない状態だと感じました。公園でパパは座ってるだけで、ママはぐったりしてましたね。でもブランコを押したりはママがしてました。解決方法としては、ママの下の子のお世話を手伝ってママの負担を減らし、ママに上の子のフォローをしてもらうか、パパが上の子をフォローするかです。もちろんママのフォローをしつつ上の子のフォローも出来たら最高ですが、まずはどっちかやりましょう。多分上のこととりあえず一緒に遊ぶとか、少なくともリアクションを取ってあげるだけで状況は劇的に変わると思いますよ。この期間の出来事が妻は夫に、子は親に不信感を抱いてしまう、それも長きに渡ってそう言う感情を芽生えさせてしまう可能性も高いです。大体、熟年離婚とかも、一番大変な子供が幼少期の時に夫のサポートがなかたっとか、労いの言葉がなかったとかが根本にありますからね。(ソースはないが、その時期にケア出来ないんだからその後も出来ないだろう理論。)とにかく子供はみんなハッピーになって欲しいから、親は子供が赤ちゃん返りしたとか、イヤイヤ期になったとか子供のせいにしないで、自分でできることはないか常に模索した方が良いと思うの。特に夫。仕事が忙しいのはわかるけど、家族が破綻したらもっと悲しいし。子は宝だからね。

がんばろう。

イヤイヤ期なんてない

基本的にさ、親が子供に対して怒る時って大人の都合なんだよね。早くお風呂に入って欲しいのも大人の都合だし、今ご飯食べて欲しいって気持ちも大人の都合だし、もう家に帰らなきゃって思ってるのも大人の都合なわけ。で、うちの場合、この記事を書いてる時点で上の子が2歳1ヶ月、下の子が3ヶ月です。まぁタイミング的には赤ちゃん返り&イヤイヤ気が絶妙にコラボしてカオスみたいになりそうだけどまったくそんなことないの。これは僕らが子供のことを考えて接してるからだと思うんだよね。個人差があると思われるけど、それは甘えだとか言われるかもしれないけど、僕の方針としては、「いかに子供への精神的負荷を減らせるか」ってのを念頭において接してるわけです。ただね本当にこれは難しくって、下手したら親側が潰れてしまうから無理はしないで欲しい。

大人の都合に合わせない

これが第一条件。例えば保育園に預けているなら、朝何時までに保育園にいかなければならないから親は着替えさせたいわけ。それは、保育園側の都合もあるし、保育園に預けて働く大人の都合でもあるの。ただ子供の仕事は遊びながら手足を動かすことだから、今集中してるのにそれを中断してお着替えするなんてことはしたくないのよ。だから抵抗するの。ならば隙が出来るまで待てば良い。ただそれだけ。うちの場合は、僕が在宅のフリーランス で、妻が専業主婦なので時間の融通が大いに効くので有効になる。で、もしも時間を合わせたいのであればwin-winの関係を作らないとならない。つまり子供が早く着替えることにメリットを感じるようにしなければならない。

「本当は保育園にいかないで、ママともっと一緒にいたいのに。。。」

そう思っているのに、早く着替えさせることはなかなか筋が通らない。だからこの場合例えば、保育園に行く前に30分でも一緒に公園で遊ぶようにしてあげるとかが有効で、早く着替えれば着替えるほどたくさんママと遊べるというメリットが生まれるわけ。遊んだあとに保育園に連れていくと当然最初はぐずるけど「ごめんね。ママももっと遊びたかったけど、もうお仕事にいかなくちゃなの。明日はもっと早起きして一緒にもっと遊ぼうね。」とか言えればさらにメリット感が強まるだろう。こういう工夫をしなければならない。まぁ分かると思うけど、そんな余裕を作れない親が多いのだが、夜早く寝るとか、夫婦の協力が鍵になる。結局子供に我慢させるか、大人が我慢するかなのである。

で、とくにそういった努力をせずに「ほら保育園に送れるよ!」て言って。朝から親がカリカリ、子供がグズグズしてたらそれを「うちは今絶賛イヤイヤ期だから〜」とか言ってる親はにはうんざりしてる。無意味に怒ったりはしない。必ず理由がある。

親側が我慢せよ。お風呂に入らなかった2歳

とにかく親側の努力で回避することを目指そう。うちの例を示そう。
上の子が2歳ちょっと前くらいに急にお風呂に入りたくなくなった。まず仮説として「お風呂に入るメリットを感じない」っていうのがあると思って、おもちゃでつるようにした。1日で飽きるので、毎日違うおもちゃを用意してあげた。これは成功で、1週間おもちゃを変えることで、そのあとはおもちゃがなくても入るようになった。成功だと思った。

しかしその1ヶ月後くらいにまた入らなくなった。おもちゃでつってもダメになった。これは「お風呂自体にメリットを感じない」か「お風呂で嫌な思い出が出来た」と仮説した。そこで、我々は無理やり入れずに、「お風呂に入らなくても綺麗になれる方法」を考えた。新生児の入浴法としてアウトバスってのがあると思うけど、それを2歳の子に試した。その間は動画を見せたりした。リビングにお湯を入れたバケツを持ってきて、それで頭をちょちょーと濡らしてシャンプーでゴシゴシ。なんだか子供も楽しそう。そのあと軽く絞ったタオルで泡を落としながら拭いていく。はしゃぐとリビングはびちょびちょになったが気にしない。3〜4日これが続いたが、そのあとお風呂に入り出した。それ以来毎日楽しそうに入っている。

検証の結果だが、「お風呂に入らないって行為をした場合どうなるのか」ということを試したかったのだと結論づけた。その結果「お風呂より楽しくない」という経験を得られたので、お風呂に戻ったんだと思う。この場合親はリビングで入浴準備とびしょびしょの床を我慢しなければならない(笑)。怒鳴りつけて入れるよりも大変だろう。

なんでもやらせてあげる。やらせたくないなら気づかせるな。

基本的に家にあるもので手が届くものはなんでも触らせてます。ただし触ったら危ないものは手の届かない範囲に置いてます。この配置というか環境づくりも親側の努力が必要です。

重要なのはモンテッソーリ的な発想で、 例えば食器の入った棚に鍵をかけるのはNGです。 正解は棚には鍵をかけず、中に入れるものを木で出来たコップなどに置き換える。といのが正しい努力の方法です。まぁでもこれは本当に本当に大変で。結局うちは多くの棚を開かないようにストッパーかけてます。笑。

あとはガスコンロを使いたい!っと子供が言い出したら「あぶないからダメ」ではなく、子供用の擬似的なガスコンロ台を用意してあげるのが正解。ただ本当は本物の火そっくりな光がガスコンロから出るモードがある。っていうのが一番の正解だと思っているが、流石にそこまでやる余裕はない。

キッチンの水道に関しては、別に危なくないので小さい頃から台を用意してやらせてあげてます。もちろん初めは服や床をびしょびしょのびしょにしますが一切怒ったりしません。むしろ「洗い物ありがとう!上手に出来たねぇ〜助かった!」といつも伝えています。使う道具も最初は木製やプラスチック製のカップでしたが、回を重ねるごとに徐々に扱いがうまくなっていくので、陶器のものやガラス製のものに置き換えています。置き換えた最初は割ってしまって怪我をする場合もあるので後ろでじーっと見届けました。今は上手なのでそのまんま放置してます。笑。洗い物を始めると長い時で25分くらいずーっと洗い物をしてます(ちなみに始めた段階ですでに全部キレイ)。その間お湯は出しっぱなしです。水道代がもったいないっていうのは大人の都合ですから、水くらい無限に出してます。(いうて平均10分くらいで切り上げるし。)

やりたこいとを後ろにやらない

おもちゃで遊びたい!と子供が思ったんだけど、親はご飯を食べさせたい。そういう場合に親は「ご飯食べたら遊ぼうね」とかいうんだけど、この今やりたいことを後ろに持っていくっていうのはもう少し年齢が上にならないとスッと切り替えられないと思うんだよね。今おもちゃで遊びたい!という一種の情熱を保ったまま、ご飯を食べるなんてことはなかなか難しい。なのでうちの場合は飽きるまで遊ばせた後に、ご飯にしてる。一応それとなく「じゃぁ遊んだ後にご飯食べようね」って言ってるんだけど、聞いてるのかは定かではない。これは将来的にもさ、子供が大きくなって何か物づくりとかさ、昨日捕まえたばかりのカブトムシの観察とかさ、じーっと口を尖らせて夢中になってるとするじゃない。僕はそっちを応援したいし、そっちを優先すべきだと思うんだよね。夜ご飯が2時間遅れたって、寝る時間が2時間遅れたって、1日晩ご飯食べなくたって問題ないよ。それよりさ何時間も寝食を忘れてものを作ったりさ、カブトムシを観察したりする時間の方が大切なんだよ。そういう子育てをしたいと思っている。だって、大人になってもそういう習慣というか、情熱というか、好奇心を持ってるやつって明らかに充実してるし、成功してるし、幸せそうなんだよね。僕はまぁ平均くらいだからそこまでじゃないけど、僕はその多くを目の当たりにしてるからそうしたいわけ。「今夢中になってることを全力で応援する。」そういうスタイルで行きたい。これは時に労力もお金もかかることだから潰れない程度に頑張らないととは思ってる。まぁまぁなプレッシャーです。まぁただ本当自分の精神とかをだいじだいじに思ってやりましょうね。親が潰れてしまうのが一番の不幸だから。

朝も昼も外で遊ばせまくる。家でも遊ばせまくる。休みの日はお出かけするぅう!

うちの場合朝2〜3時間、外で遊ばせて、2時間お昼寝(inベビーカー)をし、起きた後も15時〜16時くらいまで遊ばせます。(もちろん疲れてぐったりしたらベビーカーで休ませる。)家に帰ってもお風呂なんかは子供が「出たい」というまでお風呂の中で遊ばせます。寝かしつけの時は絵本を読んであげます。10冊でも20冊でも飽きるまで読ませます。最近はだいぶ喋れるようになったんで今日遊んだことなんか布団に入りながら一緒に振り返ったりしてます。また明日いっぱい遊ぼうねっていうと。「うん!」って元気よく言ってくれる。そういう時は「あー充実して遊べたんだなぁ」って思えるんだよね。休みの日は積極的に家族みんなでおでかけしましょう。自然が良いですね。海に行って貝殻を拾ったり、山に行ってどんぐりを集めたり、川でお魚をおいかけたり。泊まりがけで出かけるのも楽しいです。そういうことも積極的にトライしてくのが良いです。

よく笑い、常に上機嫌でいろ

前にも書いたけど。これね。親はさ。常に笑顔で上機嫌にいなさいってこと。嘘でもだよ。

blog.nurumayu.app

その笑顔が子供にとっての安全基地になるから、子供はどこにでも冒険出来るようになるのよ。だから夫婦の仲が良くなくちゃいけない。夫は妻を思いやり、妻は夫を思いやらなくちゃいけない。夫婦仲が良ければ自然と子供に笑顔で接することが出来る。

あとはユーモアを積極的に取り入れること。くだらないことでいいの。お笑い芸人は万人を笑わせないといけないけど、夫は妻一人だけ笑わせられればいいの。簡単でしょ。身内ネタバンバン使ってもいいし、昨日考えた変顔を見せるだけでもいいの。簡単でしょ。普段からよく笑うように心がけてさ、とにかく笑いの沸点を低くすること。これは最初嘘でも「ははは!」って笑うようにするとだんだん本当に笑えるようになるからさ。笑う門には福来たるなんだよ。

愛は伝染する

僕は夫だから夫目線で書くことが多いんだけど、とにかく妻を愛しましょう。妻を愛せば妻は子を愛し、妻が子を愛するので夫も子を愛すことが出来るんだと思うのよ。子育てって基本妻のワンオペになるからね。安全基地が欲しいのよ。「夫に愛されてる」「夫に守られてる」って感じられれば妻も子供に愛をたっぷり注ぎ込む余裕が出来るわけ。心理的にね。とくに専業なんかで夫婦仲が悪いとさ、「別れたら、子供を養っていけない」とか考えちゃうわけ。そんな状態でまともな育児が出来るとでも思ってるの?必ずしわ寄せが子供に行くよ。

子育ては疲れる!!!!!!!(体力)

という感じで子育てをしてます。はっきり言うと毎日めちゃくちゃ疲れます。休みなく毎日ですからね。体力的には休みの日の方が、僕の場合朝からずーっと出かけるので本当に疲れます。もちろん手を抜くことは出来ると思いますが、もっともっと工夫したり、もっと色々なことで遊ばせたりすることは出来ます。「夢中になれることを応援する」「五感刺激するような自然を体験させる」このあたりをモットーに積極的に子育てしています。僕は割と体力があると思ってるんですけど、本当に疲れます。下の子が生まれる前に上の子(1歳半)と僕だけで、鎌倉の海に電車で片道1時間半くらいかけて週末何度も行ったんですが、今振り返ると自分でも「良くいけたなぁ」って思いますし、僕の親世代とかにも「え?良く行ったね」って良く言われました笑。実際でもこういう生活をしてると今のところイヤイヤ期なんてものはまったく感じません。その分さらに負荷をあげるんですけどね。(最近は上の子が自分でおもちゃを出したり、ないない出来るようにリビングに棚を設置しました。)だから本当に周りで「イヤイヤ期大変でしょう〜」とか「今一番大変でしょう〜」とか言われるんですけど、一番大変だったのは右も左もわからなかった一人目が生まれた半年間とかでしたね。妻とも時々話すんですよ。「なんであの時あんなに苦労してたんだろうね?笑」って。これは多分精神的な部分が多くて、今は右も左もすこしずつ分かって来てるのでその点はすごく楽ですよ。体力面は相変わらず使いまくりですが、精神面で落ち着いて育児出来るのはすごく良いです。だから「今一番大変でしょう〜」って言われると「いえ、だんだんコツを掴んで来て今すごく楽しいです!」って声を出して言いたいんだけど、「そうですねぇ〜大変ですぅ〜」としか言わないけどね。夫があまり物理的にコミット出来なければ、妻に昨日あった大変だったことか、嬉しかったこととかいっぱい聞きましょう。まぁ結局夫婦仲だよね。

という感じで、今のところイヤイヤ期は全くない。
そんな言葉は大人の都合の良い言葉だと思ってる。大人の都合に合わせた反動で起きる問題だと思っている。なので、イヤイヤ期なんてまるで子供の方に問題があるみたいな言い方はしないで欲しい。まぁただ体を壊さないくらいのんびりゆったりした気持ちで育児して欲しいです。

無理せずにね。 おわり。

絵本「青の時間」が素敵

正確には「あおのじかん」ですが、あえてタイトルを「青の時間」にしました。これは絵本なんですが、大人向きの本だとしても問題ないと思えるほどだったからです。

あおのじかん

あおのじかん

それくらい美しい本でした。今日は子供の寝かしつけの時に読んだんですが、寝室を真っ暗にして、LEDランタンで照らしながら読むんですが、雰囲気がすごく素敵で読んでるこっちが癒されました。記憶から自然の美しさを呼び起こすよな素敵な絵がたくさん入っています。タイトルのように様々な「青」を感じられます。

こちらで動画を見つけたの見てください。
多分欲しくなると思います。

www.youtube.com

英語版も欲しくなってきたな。
ちなみに作者のイザベル・シムレールが

f:id:app_2:20200314032225p:plain

2020年3月に来日&個展予定だったのですが、
コロナの影響で中止になりました。

www.institutfrancais.jp

2020年秋頃また来日予定なので、その時にもしかしたら個展見れるかも。
すっかりファンになってしまったので何か1枚絵を飾ろうかと思ってます。

イザベル・シムレールのポートフォリオはこちらになってます。

isabellesimler.com

どこで買えるんだ。。。?

お風呂の給水をスマホで自動化出来るようにした

de0.hatenablog.com

こちらの記事に触発され作りました。我が家は築年数が古いマンションなので、追い焚き機能や湯沸機能がありません。蛇口を捻ってお湯を入れるタイプです。なので、毎回めんどくさい。ということで、農業用のタイマーでお風呂の蛇口を制御して、スマホでお湯を張れるようにしました。

今回使用したのはこちら

www.tandd.co.jp

DoValveと呼ばれるタイマーバルブです。こちらを購入して取り付けることにしました。触発されたブログではホースを使っていたのですが、ホースはダサいので金属製のパイプで組んで取り付けようと試みました。

f:id:app_2:20200314014139p:plain

こんな箱に入ってきました。

f:id:app_2:20200314014213p:plain

中身はこんな感じ。
取り付けるのはこちら。

f:id:app_2:20200314014341p:plain

ここの長い蛇口の部分を外して、
なんかいい感じにパイプで組んで行きました。

パイプとかのサイズわかんねぇよ

という感じで定規で直径を測ったり、指を突っ込んだりしてみて、多分これだろうなぁっていうのをモノタロウで購入。2回サイズをミスりました笑。またジョイント部分には水もれ防止の防水テープ(シールテープ)が必要とか後で気付いて購入し直し。時間がかかりましたが、色々パーツが揃ったところで組んでみました。第一弾。

f:id:app_2:20200314014723p:plain

専用アプリがあるので、そちらで操作してみました。

youtu.be

いい感じですね!

しかしここから完成まで1ヶ月かかる

原因としては水漏れが止まらなかったことです。多分元根の部分のパイプのジョイント部分のネジネジの部分が短かったからでしょう。色々パーツを付け替えたり、シールテープの巻き方を練習しまくったりしてもダメでした。そこでこちらを使用することに。

FLEX SHOT!!
その効果のほどはこちらの動画をご覧ください。

www.youtube.com

というこで水漏れする部分にこのFLEX SHOTをたっぷりつけました。

f:id:app_2:20200314021127p:plain

こちらで完成です!(塗りたぐり過ぎました笑)
完成してから半年ほど使用(↑うえの写真がそう)していますが、特に問題なく使えています。

懸念点

事前にタイマーを設定して子供がお風呂に入るであろう16時くらいにお湯がたっぷり沸くようにしてあります。蛇口は常に開けっぱなしにしておく必要があるのと、お風呂の栓だけはやはり毎回閉め忘れないようにしないと、お湯が垂れ流されて終わってしまいます。ここら辺はチャットボットで忘れないように毎日リマインドするようにするなどして回避してます。あとはWiFi経由で操作も出来るんですが、お湯を沸かす時間の変更がリアルタイムでされず、1日2回のタイミングでしか更新されないため使いづらいです。Bluetooth接続だとリアルタイムで反映されるので、1台スマホか何かを接続しっぱなしにして、そのスマホを外から遠隔操作すればいけるんじゃないかと考えています。が、まだこちらは未実装です。というか子供が小さいのでいまのところお風呂に入る時間がそうずれ込むことはない。あとはDoValue自体がアップデートされることを期待しています。ちょっとアプリ側にもちょいちょい不具合があるみたいなんで。

あ、DoValueの方見てましたら僕にアプリの修正依頼してもいいですよ。使い込んでるんですごく良く出来ると思います。

ルーター買ったらネットが爆速になった

フレッツ光を契約してまして、
PV-400KIという光電話対応のホームゲートウェイに、

f:id:app_2:20200314003917p:plain

WiFiの無線カードSC-40NE「2」を差し込んでインターネットしてました。

f:id:app_2:20200314004340p:plain

まぁNTTが送りつけてくるやつをそのまま使ってました。が、しかし最近全然速度が出ない(下り8Mbくらい)し、電子レンジを使うとネットが止まるし、離れた場所だとネットにつながらないしで、困った困った困ったちゃん状態でした。そこでルーターを買って電波をバリバリにすればええんやと思い立ってこちらを買ってみました。

TP-LinkのArcher A10

で、ホームゲートウェイのLAN1にTP-Link「A10」のルーターのInternetにLANケーブルを接続。あとはアプリかWebサイトぽちぽちやると勝手にいい感じ設定をしてくれました。あ、白いLANケーブルがついてましたが、ホームゲートウェイもこのルーターも黒いので黒くて速そうなLANケーブルで繋ぎました。もろもろ設定した後にLANカードは引っこ抜きました。

専用アプリで接続状態も見れます。すごく便利。

f:id:app_2:20200314005620p:plain

ここで気付いたんですが、接続デバイスが21台あるんですよね(笑)。(本気出すと25くらいまで伸びる)まぁ普通にプログラマーのフリーランスなので、開発端末が色々あるのと、あとはIoTにハマってまして、スマートコンセントが11台、スマートロックが2台、あとスマホから操作できる暖房とかもありまして、それでキャパがオーバーしてたみたいです。A10のルーターは最大48台まで接続出来るので、僕みたいなIoTマニアでもまだ全然大丈夫です。倍行けますね。

で気になる速度は

21台接続した状態ですが、下りが70MB以上、上りは20MB以上出てます。

f:id:app_2:20200314010449p:plain

まぁ時間帯によって変わったりするんですが、下りは常に30MB以上、上りは常に5MB以上出るようになりました。電子レンジも5Ghzの方に接続すれば干渉しないのでスムーズです。最高です。もうインターネット開設と同時に買っとけば良かったと思ってます。なんか遅いなぁって人は、試してみてください。(失敗したくないなら、まず有線LANで速度が出ているかどうか確かめた方が良いです。有線で遅ければこれ買っても速くならないのでお気をつけて下さい。)

統合失調の義母 不思議なメール

前回の記事はこちら

blog.nurumayu.app

現在僕は統合失調の義母とメールでやりとりしてます。措置入院から数年経って退院したんだけど、未だに夫(義父)含め病識が無く、薬を飲んでいないのでまぁ8〜9割の確率で遅かれ早かれまたぶり返すと思ってる次第であります。というわけで今日は義母から来た不思議なメールの内容の一部を紹介したいと思います。そのまま載せると著作権的なあれ(あるいみ創作物なので)に触れそうな気がするので、大筋だけ捉えつつ所々書き換えてお伝えします。ちなみに一番長いメールで約7000字のメールが届きました。全て目を通しています。時々お洒落な表現もあるので、その都度唸ったりもしています。あ、まずはそのお洒落な表現を一つ紹介しましょう。

それ以来ずっと私は追われて来ました。光で表現したり。音で表現したり。猫に鳴かせるなど、姑息で執拗なやり方で追い詰められています。近所にまで付き纏われています。

うーむ。お洒落だ。これだけで素敵な小説の出だしとかになりそうですね。まぁ僕は本は読まないんで、漫画の出だしを想像しましたけど。統合失調の症状としてやはり、幻覚や幻聴、あと一番多いのは誰かに監視されているというパターンが多いですよね。その一種ですね。

またもう一節紹介しましょう。

話をまとめますと、私は職場の男性全員から誘われたことがあります。大変不快でした。私はふと消えてなくなりたいほど追い詰められました。子供が自殺された親御さん方とお話したいと思っています。

僕は統合失調の発症には必ずきっかけというものがあって、個人的には「トリガー」って呼んでるだけど、これは一発で発動するほどの強力なトリガーもあるし、じわじわ積み重なって発動する弱いトリガーもあるの。結構メールしてると男女関係の話があるんで、それがトリガーなのかなぁって思っているんだけど、如何せんもう何年も会ってないし、そもそも仲良くないし、メールしかしてないから答えは分からない。ただ一つの要素として「夫婦仲があまりよくない」ってのは関係ないとは思えない。勝手な妄想だけど、義父が不倫でもしたんじゃないかなぁとか思ってるの。大変失礼な話だけどね。ただ僕は妻を愛せない夫は生理的に嫌いなんだよね。

あともう一節だけ。

とにもかくにも私は病気ではありません。薬を貰っていないのが何よりの証拠だと思います。

通院してないからだろがぁあああ!(笑)
と、思いつつもとりあえず「それはお辛いですね」的な返しをしつつ僕の意見をちょこちょこと入れてるんだけど、まぁ焼け石に水って感じなのよねぇ。まぁ僕は義母の夫でもないし、一緒にも住んでいないし、焼け石に水くらいがちょうど良い対応だと思うのよね。とにかく僕は言いたいのよ。親世代が統合失調になったらさ「子供は全力で逃げなよ」ってこと。面と向かって対応出来るような出来た人間なんてそうそういないからね。亡き者と扱ってもいいよ。共倒れするより全然いいよ。とにかく次世代が幸せになってくれれば僕はいいのよ。だから基本僕はメール以上のことは現状する気ないし、妻には子育てに集中して欲しいから、義母とメールしてること自体内緒にしてる。でもね。僕が一番心配してるのは僕自身なんだよね。こう見えてキャパが広いからさ。これがオーバーしたら本当に修復が出来ないくらいボロボロになるんじゃないかって思ってるの。だからちょっとでも「疲れたなぁ」って思ったら全力で仕事を休んだり、一日中子供とイチャイチャして過ごしたり、だらだら漫画読んだりテレビみたり、ずーっとDIYしてる時もあるのよ。ガス抜きの技術に割と自信があるんだよね。住んでる地域柄、頑張り過ぎちゃって、うつ病になっちゃたりしてるパパさんとかいっぱいいるからさ。心持ちは細く長くなんだよね。(うどんの方が好きだけど。)

松本次郎 女子攻兵を読んだ感想

みんな大好き松本次郎の漫画「女子攻兵」を読みました。最近松本次郎ばっかり読んでるんで松本次郎=時空とアイデンティティな感じが多いってことを理解しました。ただ、僕の理解力ではついていけないので雰囲気を楽しんでおります。

女子攻兵 1巻 (バンチコミックス)

女子攻兵 1巻 (バンチコミックス)

  • 作者:松本次郎
  • 発売日: 2012/09/01
  • メディア: Kindle版

最近LINE漫画でやたら村人のレベルが99とか、魔王が転生したとか、そんなんばっかりリコメンドされるんで辟易してたんですが、松本次郎の作品を読むとその世界観に没入出来るんですごく癒されます。僕のストレス解消なんです。

トリップ出来るおすすめ漫画としては、 松本次郎が圧倒的に1位です。 あとは、ぼくは麻理のなかなどで有名な 押見修造とか、 ピンポンの松本大洋とかもそこそこいいですが、松本次郎に比べるとあんまり入り込めないですね。相性の問題かも。あー旅したいって思った時は松本次郎の作品を読んで出かけます。

で、今回読みました。「女子攻兵」
「うわーネーミングやばたん」とか最初は思いましたが、案の定読めば読むほどその不思議な世界観に引き込まれる素晴らしい作品でした。

おっさんが女子高生型のロボットに乗って戦う漫画です

って今書いて、僕自身も「なんだそりゃ」って感じてるんですが、まぁ別にそこはどうでもいいんですよ。大切なのはアイデンティティとか自我という部分で、「おっさん」と「女子高生」のふたつの視点が存在してるってことです。おっさんが女子高生に染まってしまうのを精神異常として定義されていますが、読んでいるとあら不思議「あれ?おかしいのはどっちだ???」ってなるんですよ。

頭の中のおっさん

女子高生にとっては頭の中に小さなおっさんが入ってるわけで、おっさんからすれば大きな女子高生の中に入ってるわけ。どっちの視点から見ても異常なんですが、ふと思うわけですよ、おっさんの中にもおっさんがいるんじゃないか、そして僕の頭の中にも小さなおっさんが入って僕を操作してるんじゃないかって。でね、入ってるとして、「じゃぁ現実に戻りたいか?」って言われると戻りたくないんですよ。なぜなら僕は今僕視点であり、僕視点で見ている限りこの世界が現実だからです。でもいるじゃないですが、僕なのに僕じゃない視点で話してる人って。明らかに精神異常だと思われてます。でもそっちが現実の場合があるってこと。で、仮にその現実に気付いたとしても僕はもう戻らないだろうなって感じてるんですよ。今戻ったら本当に生まれ変わるようなもんですし、なによりこっちの世界の方が快適だからです。

という感じで、何言ってるかわからないですね。こう言う思考にズブズブはまっていく感じが最高なんですよ。松本次郎の漫画は。

なんか旅したいときに読むと旅に出れると思うのでおすすめです!

女子攻兵 1巻 (バンチコミックス)

女子攻兵 1巻 (バンチコミックス)

  • 作者:松本次郎
  • 発売日: 2012/09/01
  • メディア: Kindle版